パリピ孔明は話によって当たり外れが激しい
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ワンパンマン 207話感想】原作とは全く違う展開でサイタマvsガロウがスタート!

ワンパンマン207話感想 ワンパンマン
スポンサーリンク

サイタマvsガロウ開始

出典:となジャン版ワンパンマン207話より

ついにサイタマvsガロウが始まりましたが、まだまだサイタマは手を抜いていてマジシリーズも使わずガロウを圧倒。
最終的にはどうあってもサイタマが勝つ作品なのでそれは良いとして、武の極致に到達したと言っていたガロウが素直にサイタマのストレートパンチを食らうのはどうなんだ?と思いました。

これは原作の流れとか関係無く、純粋に違和感がありました。
最初の1発は油断してたとしても、それ以降普通に食らうのはおかしい。
展開のためにここまで散々持ち上げられてきたガロウが一気に弱く描写されてるように見えました。

また、大した戦いもしてないのに早くもガロウが巨大化してしまったので、待ちに待ったサイタマvsガロウが一瞬で終わってしまうんじゃないかと不安になってます。

スポンサーリンク

タレオ

出典:となジャン版ワンパンマン207話より

原作以上にスポットライトが当たっている重要人物のタレオ。
今回はガロウに臆することなく話しかけます。

原作ではサイタマvsガロウが終わった後、読者が思っていた「ガロウってヒーローになりたかったのでは?」という事実を溜めに溜めた上でタレオが分からせるわけですが、となジャン版では戦う前からタレオにおじさんはヒーローだと言われています。

つまり、既に分かってるんだけど自分はヒーローじゃないと意地を張るガロウをサイタマがこらしめるような展開です。
原作のように最後の最後で台詞として起こしてカタルシスを感じるような展開を求めている人にとっては茶番でしかありませんが、となジャン版の流れもこれはこれで1つありだと思います。

ただ、前回も書いてたように完全オリジナルならそれを貫けば良いのに所々で原作の流れをそのまんま差し込んでるので、中途半端な事になってる気もする。
原作とは完全別物になってるんだから無理になぞらなくても良いのに。

ここまでオリジナル路線で来たなら、いっそこの後神が介入してきてサイタマとガロウのコンビで戦ったりしないかな。

関連商品

スポンサーリンク
ワンパンマン
シェアする
menuguildsystemをフォローする
スポンサーリンク
めぎしす!

コメント

  1. 匿名 より:

    薬屋のひとりごとみたいにある意味原作通りのようで違う作品があるから、これはこれでありなんだけどね。
    他にも似たような作品があるから、もっと読めばいいと思うよ。

  2. 匿名 より:

    >武の極致に到達したと言っていたガロウが素直にサイタマのストレートパンチを食らうのはどうなんだ?と思いました。

    武の極致に到達したら音速でも光速でも避けられると思う人?

  3. 匿名 より:

    原作とは完全別物になってるとか言ってるのに、原作ではいなしてるのにおかしいとか
    結構矛盾してねぇか?

    • menuguildsystem より:

      ストーリー展開が別物という話であって、ガロウの強さは変わらないというかむしろ原作よりも強そうに描かれているのでより違和感があります

スポンサーリンク