スポンサーリンク

【ワンパンマン 196話感想】キングの登場シーン3回目・・・何回やるのこのくだり

ワンパンマン196話 漫画
スポンサーリンク

日輪刀とアトミック侍

日輪刀とアトミック侍
出典:となジャン版ワンパンマン196話より

先週のバングvsガロウから場面は変わり、ホームレス帝とアトミック侍たちの場面に。
アトミック侍がニチリンから受け取った日輪刀を抜刀するための時間をイアイたちが稼いでいます。

日輪刀は生きた刀で、主の器を測り認めなければ抜刀すら出来ないとの事。
遺跡とかもそうでしたが、ワンパンマンって結構こういう昔から伝わってる伝説みたいなの多いですよね。
この刀もホームレス帝に力を与えた神と何か関係してたりするのだろうか?

日輪刀と同化

日輪刀と同化したアトミック侍
出典:となジャン版ワンパンマン196話より

日輪刀に認められたアトミック侍は無事抜刀し刀と同化。(右腕が繋がってる)
ホームレス帝の光弾を全て切り刻み、止めに入った黄金精子の右腕をもあっさりと切り落とします。

出典:となジャン版ワンパンマン196話より

描写を見る限りこの同化状態なら作中でもトップクラスに強いみたいですが、気をごっそりと持っていかれるそうなので同化していられるのはほんのわずかな間だけ。
アトミック侍は行動不能になり絶体絶命のピンチに。

それにしても、日輪刀は今後アトミック侍の切り札的な感じで使っていくんでしょうかね?
これで月輪まで揃っちゃったらそれこそ神クラスとも戦えそうな気がしてきますが、一体どうなるのやら。

キング

キングエンジン
出典:となジャン版ワンパンマン196話より

ジェノス・タツマキ・アトミック侍たちのピンチにキングエンジンを鳴らしながらキングが登場。
当然何の策も無いわけですが、ジェノスがやられているのを見て勇気を出して出てきました。

金属バット
出典:となジャン版ワンパンマン196話より

キングが出てくる所までは原作と同じですが、となジャン版には金属バットが居るのでそこに注目です。
金属バットは根性でいくらでも強くなる可能性の塊みたいな人なので、何かやってくれそう。

キングエンジン3回目

実はもう3話連続でキング登場シーンを描写してまして、同じシーンを延々と見せられてる感じ。
前回と前々回なんて「ドッ ドッ ドッ 」というキングエンジンの音がして終わりという全く同じ展開で、間が空き過ぎたから村田先生が間違えたのかとさえ思ったぐらいです。

どうせまたここも単行本で修正でしょうね。

もう信じられないくらいに話が進まない。
テンポが良い原作とは真逆を行っちゃってるし、その代わりに盛り上がってるのかと言ったらそうでもない。

これでサイタマが帰ってきた時にもう1回別視点で ドッ ドッ ドッ 」とかやられたらさすがにイラッとしそう。
モブサイコでONE先生が忙しいのは分かるんだけど、さすがにこのテンポの悪さはきついのでいい加減話を進めてほしい。

関連商品

コメント

  1. 匿名 より:

    村田製作所の仕事を悪く言うな

    原作者にクレーム入れて
    原作を描き直させるゲスやぞ

    原作の面白さが改変されるのは
    当たり前やん

  2. 匿名 より:

    これは3視点が同時に極限状態のピンチになった時にキングが来たよって事でしょ?別に気にならないけど。アトミックの同化と戦闘2ページ位で簡単に終わらせても手抜きだの言うんでしょ。今回で終わりになりそうだし、終わった後読み返す事考えればもっとじっくり描いてくれていいくらい。画力凄いし。

    • menuguildsystem menuguildsystem より:

      もちろん気にならない人も居るでしょうけど、基本ポジティブな事しか書かれないtwitterでもテンポの悪さを指摘する人がちょくちょく居るので、気になってる人は結構いると思われます

  3. 匿名 より:

    原作信者はとにかく村田を叩きたがるよね
    原作だけ読んでればいいのに

    • 工藤 より:

      原作だと【少年誌のジャンプ】に載せられないからでしょう。厳密には違うけど、【週刊少年ジャンプ的な描き方】をしてる訳で、村田はジャンプのオーソドックスな王道を描いてる。友情・努力・勝利のジャンプ3原則をONEは描けきれてないだけだ。
      王道、つまりはベタな展開を描いてる訳。

  4. 匿名 より:

    村田版は隠し玉みたいのを次から次と出すせいで、なんというかメリハリがないし、組合せの妙みたいなものがない。ワンピース的というか、前振りもなく新技出し過ぎ。

  5. 匿名 より:

    ここアニメでやるならキング導入だけで一話使うな。DBの頃から受け継がれる伝統的ジャンプ引き伸ばし手法でこれがあるから「ああ、この人はやっぱりジャンプの漫画家なんだなぁ」と実感出来るんだゾ。