スポンサーリンク

【ワンパンマン 191話感想】ジェノスとタツマキ急接近!?Gブサイク大総統まさかの強キャラ

ワンパンマン191話 調子に乗るクロビカリ 漫画

ボンブ

ガロウvsボンブ
出典:となジャン版ワンパンマン191話より

突如現れた怪人化したガロウと戦うボンブ。
タンクトップマスターを回復させるために、フブキに体力を渡してバテバテの状態で怪人化したガロウと途中まで渡り合っていたので、さすがバングの兄って感じでした。

しかし、最後は攻撃を打ち消され敗北。
バングがこれに勝とうと思ったら本気を出さないと無理でしょうね。

ガロウvsバング
出典:となジャン版ワンパンマン191話より

そしてここでバングが登場。
原作だとバングが来た時にはすでにガロウはサイタマにボコられた後だったので、かなり違う展開になっています。

ここで一騎打ちになるのか、それとも邪魔が入るのか。
全く先が予想できないので気になります。

ジェノスとタツマキ

ジェノス参戦
出典:となジャン版ワンパンマン191話より

S級ヒーローたちと剣聖会vs黒い精子の戦いはまだまだ続いていましたが、そこにようやくジェノスが到着。
やられそうになってたタツマキを助けます。

タツマキが”鬼サイボーグ”ではなく”ジェノス”と呼んでいましたし、軽いジョークを言い合っていたのでかなり仲良くなっていた感じでした。
下手するとこの2人でカップル成立させるんじゃないかと思わせるぐらい。

そういえばサイコスと戦ってる時もジェノスがタツマキ助けてましたし、ジェノスはともかくタツマキはちょっと脈ありなのでは?と思いました。
というか、原作と比べると全体的にS級はみんな仲良くなってますね。

あと、細かいんですけどタツマキもジェノスも限界っぽかったのに元気すぎやしないだろうか。
気合いにしてもちょっと回復しすぎに見えるので、見せ場作るためにご都合になっちゃってると感じました。

Gブサイク大総統

Gブサイク大総統
出典:となジャン版ワンパンマン191話より

忘れられてるんじゃないかと思われてたGブサイク大総統がようやく登場。
私はてっきりただの噛ませかと予想してたんですけど、なんとクロビカリの皮膚をも溶かす強酸の力を手に入れていました。
折角立ち直ったクロビカリは皮膚を溶かされすっかり怯えてしまいました。

更にGブサイク大総統は剣聖会のザンバイを殺害、アトミック侍とニチリンに全身をみじん切りにされますが、全身がゼリーのようになっているのですぐに引っ付いて無傷な上に2人の刀を一瞬で溶かすというチートくさい強さになっていました。

管理人
管理人

まさかGブサイク大総統がこんな強キャラになって出てくるなんて・・・


原作だとバングに瞬殺されてたので、生まれ変わろうが結局噛ませだろうと予想してたのに見事外れました。
打撃・斬撃無効系の怪人はタツマキやジェノスじゃないと倒せなさそうですが、既にどっちもボロボロなので一体誰が倒すのか。

まだ黒い精子も本気を出してないし、エビル天然水も変身を残してそうなので一気にヒーロー側が劣勢に。
最終的にはサイタマが片付けてくれるわけですが、剣聖会のみなさんは全滅しそうな予感。
というか、サイタマやフラッシュがしばらく出てきてませんけど今なにしてるんでしょうね?
キングと金属バットもまだ到着してませんし、ここからまた長くなりそうな気がしてきた。

関連商品

コメント

  1. 匿名 より:

    豚神吸収して復活したタンクトップマスターがブサイク相手に雪辱を果たし、黄金精子を金属バットが気合いで倒し、後は原作通りガロウにボコられ天然水登場とサイタマ登場…でない?