スポンサーリンク

【ワンパンマン 195話の感想】3カ月ぶりの更新!バングの意外な過去が明らかに【また話進まず】

ワンパンマン195話 漫画
スポンサーリンク

3カ月ぶり

前回の194話(更新でズレてるのでタイトルは193話)からちょうど3カ月ぶりの更新となります。
このブログでも記事にしていた通り、ひたすら単行本の加筆だけで3カ月も経ってしまいました。

結局今年もサイタマvsガロウは見られそうにありません。
本当あの無駄な大幅修正だけはどうにかならないものか。

そういえば、いつの間にかとなジャンのコメント欄が無くなってたんですが、ワンパンマンのコメント欄が荒れてたことと関係あるのだろうか?

バングの過去

バングの過去
出典:となジャン版ワンパンマン195話より

今の姿からは想像も出来ませんが、昔のバングはガロウのように荒くれ者だったそうです。
見た目もかなり似てますね。

これまた原作にはないオリジナル展開です。
自分の好きなように暴れまわっていた過去のバングでしたが、しっかりと修行していたボンブに負けて改心し道場を開いたそうです。

爆心解放拳
出典:となジャン版ワンパンマン195話より

そんな荒くれ者だった頃のバングが使っていたのが爆心解放拳。
奥義書に封印していた技でしたが、ガロウが道場を飛び出した時に盗み見て会得していたみたいです。

かつて封印した爆心解放拳を使ってくる弟子を、その後に生み出した流水岩砕拳で制するという流れです。
ガロウは色々な技を使えるものの、全てがまだ未完成なのでバングの完成された爆心解放拳を使えば勝てるかもしれないとの事ですが、かつて封印した技なので使わないと。

自分でケリをつけると言ってたのにその拘りはどうなんだ?とも思いますけど、まだバングには生涯最後の本気も残ってますし勝てる見込みはあるのでしょう。

原作ではサイタマがガロウをボコった後にバング登場だったので、この戦いがどうなるのかは全く分かりません。
普通に考えればバングが負けるんでしょうが果たして・・・

出典:となジャン版ワンパンマン195話より

ついでに、細かい事ですが今回の話でボンブが手助けを申し出た事になってましたが、最初に登場した時はバングがボンブを呼んだと言ってました。
まあ、もう6年前の話なので忘れてても仕方ないですけどね。

本当に長すぎるでしょガロウ編・・・

話が進まない

出典:となジャン版ワンパンマン195話より

残りは前回もやってたジェノスとタツマキvs黒い精子の詳細で、また全然話は進みませんでした。
単体で見ると今回は良かったんですけど、3カ月ぶりでこれだけページ使ってこの進まなさはテンポ悪すぎるなと思いました。

まだサイタマとブラストもどこ行ったのか分からないし、この調子だと来年いっぱいもガロウ編だな・・・

関連商品

コメント

  1. 傍観者 より:

    3ヶ月で1話ペースだと年間4話で2195話で50年かかる計算。