チェンソーマン2部キター
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【呪術廻戦 187話感想】まさかの400年前の過去編スタートか!?秤vs鹿紫雲も遂に大詰め!

呪術廻戦187話感想 呪術廻戦


スポンサーリンク

秤の領域展開

出典:呪術廻戦 187話 ジャンプ2022年28号より

前回「大当たりを引けば無敵になれるとはいえ領域展開を塗り替えられたら終わりじゃん」と思ってたんですが、秤の領域は必中効果が無害なため押し合いに強く発動も超速いそうです。
日車もそうでしたが、術式や領域展開はデメリットがある事でその分他が伸ばせるようになってますからね。

  • 私鉄純愛列車は確変ループタイプなので奇数図柄を揃えると次の領域展開も大当たりの出やすい確変状態から始まる
  • 偶数図柄を揃えると確変は終了する
  • 運頼りではあるが疑似連や継続で大当たりを引いていない状態でも傷をリセット出来る


また、新たに上記のようなルールも判明しました。
これもパチンコ知らないと分からないので詳細は省きますが、要するに運さえ良ければ不死身じゃない間も傷をリセット出来るというわけです。

見れば見るほど滅茶苦茶ですが、さすがにメリットが大きすぎるので外した時のデメリットもありそうですけどそれは描写されなさそう。
それにしても領域展開した瞬間に相手の頭にルールが叩きこまれるので、鹿紫雲まで私鉄純愛列車のギャグみたいな展開に巻き込まれちゃってて笑える。

しかし相変わらずパチンコ知らない人にはさっぱりですし、今後秤が戦うたびにこれを見せられるのもどうかと思うので扱いづらそう。
なので秤が鹿紫雲に勝とうが負けようが、「次に領域展開をする機会が訪れる前に死にそう」というメタい考えが私の頭の中をよぎっています。

スポンサーリンク

鹿紫雲の過去

秤がまた大当たりを引いたものの偶数だったので確変は終了、次の領域展開はまた0からのスタートになり不死身になるまでにかなり時間がかかります。
なのでこれを凌げば鹿紫雲の勝ちなのですが、根っからの戦闘狂なので不死身状態の秤を殺しに行きますが・・・

出典:呪術廻戦 187話 ジャンプ2022年28号より

ここでまさかの400年前の描写が差し込まれました。
400年前の鹿紫雲だけではなく羂索と石流も登場。
石流はちょんまげ姿だったものの、中身は今と全然変わって無さそうでした。

そして羂索は受肉した術師たちが生きている間にあらかじめ話を通しておいた事が発覚。
1000年前からずーっとスカウト活動してたなんてなんと地道な・・・
ちなみに鹿紫雲は羂索から宿儺の名前を聞いただけで会った事もありませんでした。

管理人
管理人

それにしても過去編気になるなあ


おそらく今回の描写は鹿紫雲が秤に全力を出す前の回想として差し込まれただけなので、がっつり過去編が始まるような事は無い気がします。(始まる可能性もあるが)
いずれにせよ400年前も1000年前も過去編は読者がかなり気になってる所なので、番外編でも良いからいつかガッツリやってほしいですね。

関連商品

スポンサーリンク
呪術廻戦
シェアする
menuguildsystemをフォローする
スポンサーリンク
めぎしす!

コメント

  1. 匿名 より:

    相手への押し付け的な能力がそのまま読者(私)への(パチンコネタの)押し付けをトレースしてるようで奇妙な共感が得られてるのかよくわからん面白さがありますw

    秤とかあそこら辺の変なキャラだから許される部分はあるし、ギャグになるほどの無茶苦茶じゃないとシンプルにつまらないんじゃないか?w

スポンサーリンク