秋アニメはどうなるのやら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【呪術廻戦 182話感想】シャルル相手に秤がいきなり領域展開!

呪術廻戦182話 呪術廻戦
スポンサーリンク

シャルルの術式

シャルルの術式の説明
出典:呪術廻戦 182話 ジャンプ2022年21・22合併号より

漫画家志望のシャルルの術式は武器のG戦杖に相手の血を溜める事で相手の少し先の未来が見られるようになります。
また、相手の血を多く溜めれば溜めるほど更に先の未来を見る事が出来ます。

ただし、シャルル視点から見えるだけなので死角に潜られると無意味。
また、G戦杖で相手を傷つけられないと発動すら出来ないので何とも微妙な術式です。

漫画家志望と言ってたのでもっと面白い術式を期待してましたが、ただ未来が見えるだけというのは正直あまり面白味が無いと思ってしまいました。
まだ隠された効果とかがあると良いんですけどがね。

スポンサーリンク

漫画からの引用

漫画の台詞を引用するシャルル
出典:呪術廻戦 182話 ジャンプ2022年21・22合併号より

シャルルがシグルイから台詞を引用していました。

今までも色々な漫画のオマージュ(時にはパクリ)を駆使していた呪術ですが、シャルルが登場した事により「漫画オタクが引用している」という体で固有名詞を出す事も出来るようになりました。
今週はD grey manの作者である星野桂さんやキャプテン翼の大空翼の名前を出してましたしね。

こういうネタはシャルルと同じくオタクならニヤリと出来る反面、やりすぎるとメタい空気になってしまうので程々にしておいてほしいなと思いました。
シャルルが今後登場するかどうかによりますが果たして・・・

秤の領域展開「坐殺博徒」

秤の領域展開「坐殺博徒」
出典:呪術廻戦 182話 ジャンプ2022年21・22合併号より

G戦杖に血が溜まりシャルルが2秒先を見られるようになったところで秤がいきなり領域展開!
特級ではありませんが五条先生や乙骨にあれだけ褒められているだけあって、やっぱり領域展開出来たんですね。

名前からしていかにも秤らしいギャンブル関係の領域展開である事が分かります。
それにしても、術式すっとばしていきなり領域展開とはびっくりです。
死滅回遊が始まってから領域展開祭りですけど、使ってるのは強い人ばっかりですし毎回盛り上がるので安売りしてる感じはしません。

それに乙骨の領域ははあえて見せないというズラしもありましたしね。
今後もバンバン使って盛り上げていってほしいです。

それにしても、戦う理由を与えるためだけに適当にオタクと煽ってたはずの秤が意外と真面目にシャルルの事を考えて心を折りに行ってたのは意外でした。
やっぱり秤は案外優しい奴なんですね。

関連商品

スポンサーリンク
呪術廻戦
シェアする
menuguildsystemをフォローする
スポンサーリンク
めぎしす!

コメント

  1. 匿名 より:

    術式すっ飛ばして領域ってことは日車同様領域ありきの術式なんですかね
    何にしろ楽しみです

    • menuguildsystem より:

      詳細は全く分かりませんでしたが、155話で最初に虎杖と戦った時にちょっとだけ術式を使ってました。

スポンサーリンク