秋アニメはどうなるのやら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【呪術廻戦 178話感想】領域展開三重奏!激アツの三つ巴も佳境!

呪術廻戦178話 呪術廻戦
スポンサーリンク

リカの完全顕現と術式

外付けの術式のリカ
出典:呪術廻戦 178話 ジャンプ2022年16号より

リカは折本里香が成仏した後乙骨に残された外付けの術式で且つ呪力のバッテリーだそうです。
指輪をして接続する事で5分間だけ術式が使えるようになり、リカが完全顕現し、呪力も供給されるそう。
外付けの術式とは何ぞや?」って話なんですが、正直私もはっきりとは分かりません。
というのも、そもそも乙骨の生得術式が未だにあやふやだからです。

ファンブックによると里香自体が乙骨の術式だったと書かれてるんですが、それが成仏しちゃったから外付けだと言われているのか、それとも普段使えないリカの術式を外付けだと言っているのかがはっきりしません。

あと鳥鷺は乙骨の術式がコピーだと言ってますけど、コピーは里香の能力だったはずなのでおそらく勘違い。
それに乙骨の術式がコピーならリカ無しでも使えるはずですしね。

相変わらず呪術の説明は分かりづらいので、もう少し伝わりやすくしてくれないものか。

スポンサーリンク

コピーの術式について

乙骨が使う狗巻の呪言
出典:呪術廻戦 178話 ジャンプ2022年16号より

リカと接続した乙骨はスピーカーも無しに狗巻の術式である呪言を使っていました。
確実に特級クラスであろう鳥鷺にかけてるのに喉への負担も無さそうだったし、まさにチートです。
5分間限定とはいえ狗巻がかわいそう。

また、倒したばっかりのドルゥヴの術式も使ってたのですぐコピー出来るんでしょうけど条件は不明。
これに無尽蔵の呪力とリカと反転術式の回復まで揃ってるわけですから、そりゃ特級だろって感じですね。

ちなみに、五条先生の無下限呪術は六眼ありきなので多分コピーしても使えません。

乙骨の先祖について

乙骨の先祖
出典:呪術廻戦 178話 ジャンプ2022年16号より

鳥鷺が乙骨の事を藤原時平の子孫だと思っていて、それに対し菅原道真の子孫であるはずの乙骨は訂正する事も無く話していますが、これも現時点ではよく分かりません。


  • 乙骨が先祖に興味が無いので藤原か菅原かも覚えていない
  • 実は藤原と菅原の混血?
  • そもそも鳥鷺の話をよく聞いてない

理由としては色々考えられますがどれも予想の域を出ません。

ちなみに、176話で鳥鷺が「オマエ藤原の人間か!!」とはっきり言っているので乙骨が勘違いしているという可能性は無いです。

3人同時の領域展開

領域展開三重奏
出典:呪術廻戦 178話 ジャンプ2022年16号より

そして最後はまさかの3人同時の領域展開。
ここは激熱シーンでした。
真正面から領域展開をぶつけ合うのは五条先生vs漏瑚以来で、しかも今回は3人同時ですからどうなるか予想が付きません。
乙骨の領域展開がどんな物かも気になりますが、3人の領域が競り合った結果どうなるのか楽しみです。

あと、最近呪術がまた盛り上がってきたと感じるのは明らかに乙骨が主人公してるからだと思います。
戦いも派手だし映画効果もあって人気メチャクチャ上がってるし友達思いだし・・・

管理人
管理人

負けるな虎杖!
あといい加減ゴリラ廻戦卒業しろ!


関連商品

スポンサーリンク
呪術廻戦
シェアする
menuguildsystemをフォローする
スポンサーリンク
めぎしす!

コメント

スポンサーリンク