【呪術廻戦 231話 感想】ゴリラ廻戦と五条の変顔が炸裂!画や殺陣が微妙だしいつまで続くのこの戦い・・・ | めぎしす!
このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

【呪術廻戦 231話 感想】ゴリラ廻戦と五条の変顔が炸裂!画や殺陣が微妙だしいつまで続くのこの戦い・・・

スポンサーリンク
呪術廻戦231話感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆関連記事

ゴリラ廻戦

出典:呪術廻戦 231話 ジャンプ2023年36・37合併号より


五条も宿儺も領域展開が使えなくなった事により再びゴリラ廻戦が開幕しました。
正確に言うとちょいちょい蒼は使ってるんですが、ほぼゴリラ廻戦です。

元々呪術はゴリラ廻戦でのし上がったに等しい作品なので原点回帰なんですけど、やっぱり今はサカモトデイズを見慣れちゃってるので殺陣が全体的に微妙に見える。
構図もそんなにかっこよくないし動きもぎこちない。

そして所々画が荒い。(冥冥の髪の毛が線で粘土みたいになってる)
殺陣に関しても正直昔の方が上手かった。(虎杖vs日車とか)
急に五条が分身し始めたのも意味不明な上にダサいし、頂上決戦なんだからもっとかっこよく見せてほしいなと思ってしまった。

観戦組の解説

出典:呪術廻戦 231話 ジャンプ2023年36・37合併号より


他の術式と違い五条の無下限呪術に適応するには複数回の法陣の回転が必要だそうです。

宿儺の御厨子にすら1発で適応してたので違和感がありますけど、無下限呪術は複雑なので仕方ないという事で納得しました。
まあメタい事を言ってしまうと完全に作品を盛り上げるためだけの設定ですね。

あと今まで明言はされてなかった気がするんですが、五条は殴る時に蒼で吸いこむ反応を重ねてるそうです。
漏瑚が「ただ呪力で強化した打撃じゃない」って言ってた奴ですね。

解説はありがたいものの、呪術観戦と化してて結局俺ルールの押し付け合いなのはアホらしいですが。

まとめ

流石にこの戦い長すぎるし、何より戦闘メインなのに画が微妙。
最初からこれなら良いんですけど、昔の方が上手かったように見えるのでモヤモヤする。

あと呪術もマッシュルなんかと同じくアニメのために五条vs宿儺を引き伸ばしてるように見えてきてしまった。
渋谷事変で五条が封印されるまで延々と五条vs宿儺をやり続けるつもりなのでは・・・


管理人
管理人

最後の五条の変顔いる?



ハンターハンターのパクリ


五条の分身がハンターハンターのパクリだった件に関して。

関連商品

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    分身はハンタのキルア、変顔イッはスラダン、オマージュ笑ばかり
    五条スゲー!したいだけだから解説なんて無駄

  2. アバター 匿名 より:

    ぶっさ・・・コミュぬけるのだ・・・って女子増えそう
    アニメが美しすぎるから落差が

  3. アバター 匿名 より:

    復活後の五条は常に変顔してるからセーフ

  4. アバター 匿名 より:

    やはり真人vs東堂&虎杖がピークでしたね

  5. アバター 匿名 より:

    肉弾戦を描くなら描くで黒閃も絡めたら良いのにしない。設定忘れたのか?
    それにオマージュは何気ないコマでやるから小ネタになるのであって連発したらただのファンアート、同人誌にしかならない。

    描けない癖に通ってない理屈ばっかコネてて、読んでて退屈なんだよ。

  6. アバター より:

    つまらないと思って読んでる人の文章はつまらない。呪術廻戦の記事書くのやめたら?と思うけどね

スポンサーリンク