スポンサーリンク

【呪術廻戦 160話感想】ようやく死滅回遊スタート!そして超久しぶりにあの人たちが登場!

呪術廻戦160話 漫画
スポンサーリンク

佐々木と井口

虎杖の先輩の佐々木と井口
出典:呪術廻戦 160話 ジャンプ2021年43号より

冒頭でいきなり佐々木と井口が登場しました。
「誰だよ?」って思う人も多いでしょうけど、1話で虎杖が所属していたオカ研の先輩2人です。
宿儺の指の封印を解いて呪霊に襲われてた2人です。

2人は死滅回遊の結界内に居たのですが、羂索が出してくれました。
結界の都合上、はじめから内側に居た人たちには出る権利を与えないといけなかったとはいえ、随分親切だなと思いました。

出典:呪術廻戦 160話 ジャンプ2021年43号より

あと佐々木にだけ「息子と仲良くしてくれてありがとう」と言ってました。
虎杖の母にも乗り移ってたので言ってるんでしょうけど、気持ち悪いなあ。
twitterでは羂索ママとか言われてるし・・・

素直に一般人を逃がした所にまだ裏がありそうなところも含めて不気味です。
あと、佐々木が息子と言われて虎杖をちゃんと連想してましたが、出番があるのだろうか?

作戦会議

伏黒きゅん呼びする秤
出典:呪術廻戦 160話 ジャンプ2021年43号より

一方、虎杖たちはチーム分けと誰がどの結界に入るかの作戦会議中。
禅院家の当主だと知った途端、秤がナチュラルに伏黒きゅん呼びしてて「こいつも完全に東堂と同じ強キャラ且つネタキャラ枠だ」と思いました。

結局、秤とパンダが天使の居る第2結界に、虎杖と伏黒が第1結界に、綺羅羅は外で見張りという事になりました。
秤vs鹿紫雲も楽しみですが、宿儺がまた伏黒に何かやりそうなのも楽しみです。
ただ、逆に虎杖と一緒に居る限り伏黒の安全がほぼ保障されちゃってるので緊張感は無いですけどね。

ようやく死滅回遊スタート
出典:呪術廻戦 160話 ジャンプ2021年43号より

そしてようやく、ようやく死滅回遊がスタートです。
散々寄り道して待たされましたが、今度こそスタートの模様。
ただ、ここでまた他の参加者や鹿紫雲の過去編・天使の過去編と寄り道する可能性もあるので、また来週別の話が始まってズッコケるかもしれない。

ただでさえ最近ちょっと失速気味なので、しばらくは素直に進めてください・・・!

関連商品

コメント