スポンサーリンク

【呪術廻戦 157話感想】虎杖の熱にあてられ秤が無事仲間に!

呪術廻戦157話 漫画

綺羅羅

出典:呪術廻戦 157話 ジャンプ2021年40号より

術式を攻略された綺羅羅は伏黒が土下座したら話を聞いてくれました。
さすがにチョロすぎないか?とも思いましたが、最初からそこまで敵対してる感じでも無かったので良いのでしょうか。

あと、今週の冒頭でも伏黒が術式の説明してて「まだ引っ張んのか」と思ってしまいました。
ここまでくどく説明したなら、この先綺羅羅の術式をまた使う機会が無いとただの説明損です。

かといって、先週も説明したように綺羅羅の術式は使うたびに説明が必要なものですし、個人的にはなんだか綺羅羅が早々に死にそうな気がしてるので2つの意味で不安。

虎杖と秤

出典:呪術廻戦 157話 ジャンプ2021年40号より

綺羅羅が話を聞こうとしたところで虎杖がぶっ飛ばされて部屋から出てきます。
そのまま秤とのバトルになりますが、虎杖は秤に自分を認めさせるために反撃をせずパンチを受け続けます。

出典:呪術廻戦 157話 ジャンプ2021年40号より

この構えをしている秤がハンターハンターのフィンクスそっくりですし、反撃せずに殴られ続けてる虎杖もカナリアに殴られてる時のゴンに似てたので、またしてもハンターハンター味がすごかったです。

管理人
管理人

いくら何でも影響されすぎでは?

元々オマージュの多い呪術ですが、やりすぎるとオリジナリティが薄れるので程ほどにしてほしいものです。

秤の呪力

出典:呪術廻戦 157話 ジャンプ2021年40号より

五条先生曰く、秤の呪力は他人よりザラついてるので殴られるとすごく痛いそうです。
これだけ聞くと「だから何なんだ?」って感じですが、きっと秤の術式と何か関係があるのでしょう。
まあ、結局今回は秤の術式について何も語られなかったので、次の戦闘までお預けですね。

それにしても、五条先生を”さん”付けで呼んでるのでギャンブル好きなだけで意外と礼儀正しい奴なのかもしれない。
完全に荒くれ者だと思ってたので少し印象が変わりました。

秤が仲間に

出典:呪術廻戦 157話 ジャンプ2021年40号より

そして、最終的には虎杖に熱を感じ取引してくれる事になりました。
熱を感じただけで態度が急変したり、綺羅羅から「熱くなってるんじゃない?」と指摘されギクッとしてたり、何だか東堂とはまた別方向でギャグキャラなんじゃないかと思い始めました。

どんなやり取りするのか楽しみなので、東堂と1回会ってほしい。
それにしても、てっきり秤を仲間にするには大金はたかないといけないと思ってたので、随分とあっさり仲間に出来たなという印象。(取引って言ってるのでこれから要求されるかもしれないが)

これで秤が仲間になり真希の問題も一応解決したので、ようやく死滅回遊が始まりそうです。
最近は失速気味だったので早く死滅回遊を始めて挽回してほしいですけど、また説明が多くなりそうな気もしてるんですよねえ・・・
ヒロアカと違って呪術は行く先不安です。

関連商品

コメント