【呪術廻戦 238話 感想】術式を発動した鹿紫雲があっさり死亡!腕が変化した虎杖と日車が新たに参戦 | めぎしす!
このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

【呪術廻戦 238話 感想】術式を発動した鹿紫雲があっさり死亡!腕が変化した虎杖と日車が新たに参戦

スポンサーリンク
呪術廻戦 238話 感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆関連記事

鹿紫雲が死亡

鹿紫雲が死亡
出典:呪術廻戦 238話 ジャンプ2023年45号より


1度きりの術式を使ってパワーアップした鹿紫雲でしたが、全盛期宿儺には全く敵わずあっさり死亡しました。
特に良いところも無く一体何のために出て来たんですかねこいつは。

しかも秤との戦いを力入れすぎて描いた結果、術式で変身した後の方が弱く見えるという始末。
相手に電気を溜めて雷の速度で発射してた時の方が強かったのでは?

あと鹿紫雲が死に際にまたしても宿儺と愛の話をしてましたが、憎むべきラスボスでしかない奴の愛に関する論理とかどうでも良い。
そういう話をしたいのであれば少しは救いようのあるキャラとして描いとかなきゃ成立しない。

いつの間に芥見先生の中では宿儺が愛すべきラスボスになったんでしょうね?

宿儺完全復活

宿儺完全復活で五条無駄死に
出典:呪術廻戦 238話 ジャンプ2023年45号より


鹿紫雲曰く今の宿儺は完全無欠だそうなので、傷だけではなく呪力も戻ってそうでした。
次元斬もバンバン使ってましたし五条は無駄死にっぽいです。

1回限りの復活を使わせただけならまだしも、次元斬という最強の武器を与えちゃってますからね。
ただ、領域展開できるかどうかだけは不明なのでそこだけが五条の希望。
それができたらガチの無駄死にです。

それにしても、完全復活してなお宿儺がゴリラ廻戦してて「なんでだよ!」と思わずツッコんでしまいました。
次元斬で切り刻めばそれで終わりでしょうに。

バトル描写もどんどん分かりづらくなってるし色々と酷いです。

腕が変化した虎杖と日車が参戦

腕が変化した虎杖と日車が参戦
出典:呪術廻戦 238話 ジャンプ2023年45号より


秤の領域から虎杖と日車が出てきました。
虎杖は何やら腕が変化しているように見えますが、何なのかは全くの謎です。
九相図を取り込んだのかもしれませんし、以前乙骨が付けていた呪具を装着しているだけなのかも。

まあいずれにしても確かなのは今の宿儺に勝てるわけがないという事です。
五条と戦ってた時より強いわけですから勝てたら矛盾してしまう。
なので負け確定の戦いを見せてどうするのか全く見当もつきません。

ちなみに日車の領域だったら太刀打ちできるんじゃないかと思う人も居るでしょうけど、宿儺が領域展開できるようになってたら外側から破壊されてそれで終わりです。
できないんだったらワンチャンぐらいはあるので可能性はそこだけ。

感想

パワーバランスがメチャクチャすぎますが一体どうするのか、そしていきなり愛について語りだした宿儺をどう扱うのか。



管理人
管理人

面白くできる未来が見えないが果たして



宿儺の悲しき過去と鹿紫雲について



宿儺の悲しき過去が始まりそうで怖いという記事と鹿紫雲の存在意義について。

関連商品

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    特に強い描写もないのに謎に五条と同格みたい宿儺に持ち上げられまくって問答しただけでポックリ逝った鹿紫雲

    • アバター 匿名 より:

      そらこの世界の神の推し子である宿儺きゅんに手を出したら
      神の怒りに触れて無様な最期になるしかないのだ…

      • アバター 匿名 より:

        愛がどうこうはこの作品はメルエムオチやらないですって作者のアピールだからあんま気にせんでいいと思う
        初期にうしとらやナルトみたいなことはやらないですってアピールしてたのと同じ

  2. アバター 匿名 より:

    愛うんぬん言い出して、いまのとこ領域使えないって状況にしてるのって、日車の領域をキメさせるお膳立てでしょ。
    引き込んで裁判効果で宿儺の過去を開示して論戦させるのかと。
    ただ、現代法律の知識無いし、特段に弁舌が立つ描写もない宿儺が、プロの日車に裁判で勝つっていう展開だけは嫌だな。屁理屈で勝てるほど裁判って甘くはないはずだし
    力だけじゃなく知能も最強!って拍を付けたいがために出したなら、さすがにキレるわ

  3. アバター 匿名 より:

    来週は日車が死にそう

  4. アバター 匿名 より:

    日車の領域で宿儺の過去を読者に明かしつつ斬撃を封じて
    虎杖の入れ替わりで宿儺の魂を恵から引き剥がす流れか?

    • アバター 匿名 より:

      愛が与えられなかった超かわいそうな宿儺過去編やりそうすぎて草

      悲しい過去→愛注入→宿儺大満足昇天
      とかいう流れにだけはなってほしくないね

  5. アバター 匿名 より:

    こんなんでも未だに面白いとか言ってる奴等はどこら辺が面白いと思ってんだろうな…
    宿儺の愛云々とか無理矢理擁護してんの見てるとお前ら今まで何を見てきたんだよ?ってなる

  6. アバター 匿名 より:

    領域展延が使えるんで日車の領域は中和されて終わりなのひどい

  7. アバター 匿名 より:

    日車の領域に適応して弁護し始めるマコラだけが見たかった

  8. アバター 匿名 より:

    あんだけ勿体つけておいて次の回で退場とか作者のズラしが酷すぎる
    人間をゴミぐらいにしか思ってない奴に今更愛とか言ってんの滑稽だし意味不明なのわかってないのかね?
    序盤から言ってるならともかく言い始めたの最近だし薄っぺらいねん

  9. アバター 匿名 より:

    なんか強いNPCがラスボスとオート戦闘しては散っていく
    そんな感じ
    しかもその強いNPC別に主人公と深い関係も無いから
    あー、はいはい死んじゃったのね
    みたいな感じでアレ

    • アバター 匿名 より:

      五条も九十九もカシモも勿体つけておいて雑に退場だからってのもあるけどこの作者って王道描けないから自己満足でズラしてる印象しかないわ
      読者に面白いと思ってもらおうとか何一つ考えてない感じが滲み出てるよな

  10. アバター 匿名 より:

    日車と虎杖が参戦するのは良いとして
    「俺も混ざって五条助けるわ」とか言い出してやる気満々だった乙骨はどこいったの?

  11. アバター 匿名 より:

    散々愛愛愛と猿みたいに言ってたのに宿儺が愛知ってたのもうこれギャグ漫画だろ

  12. アバター 匿名 より:

    正直このコンビがどうあがいても宿儺にまともに戦えないから
    割れた球の中に乙骨と真木が待機してるぐらいじゃないとまともな戦いすらおこらんよな
    日車の裁判領域が実際の裁判と同じように弁護人や被告人や裁判官が命なくなっても裁判は続行するように日車の命がなくなっても例外的に動くタイプで次元斬食らっても
    「空間や本人を切られようと指定した座標が変化したわけじゃない」理屈で実質無効化かつ
    虎杖が五条と鹿紫雲の一部を宿儺のように吸収ぐらいやってようやくってぐらいかね

    我ながら無茶苦茶だな宿儺に合わせようとするとこんぐらいしなきゃだよね

  13. アバター 匿名 より:

    愛とか何とか言って敵を倒さない展開の漫画、キリスト教みたい

スポンサーリンク