スラダン映画の事前PRの下手さは語り継がれるレベル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【呪術廻戦 200話感想】死滅回遊にアメリカをはじめとした軍隊が参戦!?

スポンサーリンク
呪術廻戦200話感想
スポンサーリンク

宿儺が堕天

宿儺を殺せる天使
出典:呪術廻戦 200話 ジャンプ2022年45号より


宿儺が堕天であった事を知った虎杖はジェスチャーで伏黒にだけその事を伝えます。
天使と宿儺の関係はまだ不明ですが、天使が堕天と呼ぶぐらいですからただならぬ関係なのでしょう。

虎杖の推測では天使は宿儺を復活の余地を残さず(反転術式などで)完全に殺すだけの能力があるとの事でした。
術式を完全に消せるっていうぐらいですから殺せても不思議ではありませんが、だとしたら過去に殺し損ねたって事なんでしょうかね?

天使と宿儺の過去についてはまだどこかで過去編が入りそう。

スポンサーリンク

虎杖の命

自ら命を投げ出す虎杖を心配する伏黒
出典:呪術廻戦 200話 ジャンプ2022年45号より


宿儺を殺すという事はつまり虎杖も一緒に殺す事になるので、前回も言ってたように五条先生を復活させるには虎杖が犠牲にならないといけません。
虎杖は既に死ぬ覚悟完了しちゃってて伏黒はその事にもう気づいています。


管理人
管理人

何だか少年院で宿儺に乗っ取られた時と状況が似てますね。



あの時も虎杖が死なないように伏黒が必死に戦っていました。
おそらく今回もそうなるんでしょうけど、あの時とは色々と状況が違いますし天使の協力は必須なので果たしてどうなるのやら。

天使の説得が1番現実的ですがそう生ぬるい展開にはならないでしょうし、かといって本当に虎杖殺すわけにもいかないのでやっぱり個人的には虎杖と宿儺が分離する説を推しておきます。
高羽のチート術式でワンチャンあったりしないだろうか?

海外による呪術師の拉致

海外による呪術師の拉致
出典:呪術廻戦 200話 ジャンプ2022年45号より


結構前に羂索が中国語でお偉いさんたちと会談している様子の続きがようやく描かれました。
どういうコネがあったのかは分かりませんが、羂索は各国の首脳たちに呪霊や呪術の話をしていました。
なお、2018年2月なので渋谷事変よりも大分前の話になります。

↓海外の首脳たちの呪霊・呪術師に対する認識はこんな感じ。

海外の呪術に対する認識
  • 呪霊も呪術師も殆ど日本にしか存在しない(ミゲルはごく一部の例外?)
  • 各国首脳たちは呪術師の存在自体を認識していない
  • 呪力は人類史上最もクリーンなエネルギーなので一刻も早く手に入れたい
  • 五条先生1人で国1つの電力を賄える


呪術が日本特有であるみたいな話はどこかでしてた気がしますが、首脳たちが一切認識すらしてないのは意外でした。
そんなにマイナーな存在だったんですね。

そしてなんとアメリカ大統領は羂索に「研究サンプルとして呪術師を拉致しないか?」と持ち掛けられます。
返答する部分は描かれていませんでしたが、虎杖たちが10分間で結界に800人以上が侵入してきていると言ってたのはおそらくこの海外の兵隊か何かでしょう。


管理人
管理人

また随分とスケールがでかい話になってきました



まさかここから呪術を使わない兵隊相手に戦い始める事になるんだろうか?
だとしたら一気に毛色が変わってきそうで楽しみ半分不安半分。
呪術が実弾相手にあっさりと負けちゃったら悲しいですし、かといってあっさりと勝てるのかどうかも疑問。

まだまだカオスな状況は続きそうですが、呪術らしい急展開だらけで最近は良い感じです!

関連商品

コメント

  1. 匿名 より:

    そもそも呪霊すら認識してなかった未開のサルどもが日本にいきなり来て術師と非術師を選別して拉致れるのかって問題もある
    これがレジィの言ってたいわゆる羂索の爆弾ってやつかな

スポンサーリンク