スラダン映画の事前PRの下手さは語り継がれるレベル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ネタバレ感想注意】博士やスカラマシュが登場するスメールの魔神任務第3章・第3幕は面白かったけど4幕は正直微妙だった

スポンサーリンク
原神のファトゥス「博士」


前回の魔神任務第3章・第2幕がサイバーパンク風のループ物で、その完成度の高さから今回の魔神任務のハードルも自然と上がっていた原神のストーリー。
第3幕は激動のシナリオで勢いもあって面白かったけど、第4幕はちょっと失速した感じが否めませんでした。

というわけで、どこが理由でそう感じたのか書いていこうと思います。


スポンサーリンク

内容


前回の異質だった魔神任務とは違い今回は今までの原神らしい内容で、且つて存在した魔神スカーレッドキングと行方不明だったスカラマシュを中心としたストーリーです。
ループしていた夢の話もちゃんと活かされており、そこから賢者たちの目的を暴いていく感じで今回はスタートします。


冒頭の占いで旅人の寿命が何万年も先という意味深な事を言われてました。
500年経っても見た目そのままなわけですから不思議じゃないと言えばそうなんですけど、結局正体は何なんでしょうね?
天理の調停者も未だ謎だらけですしここら辺はまだまだ引っ張りそうです。

ナヒーダに接近する博士

夢の中で大賢者の後ろに居たセタレを精神的に追い詰めて協力させようとするんですが、盗聴器で全て聞かれていてセタレは捕まりファトゥスの博士に待ち伏せされてしまいます。

出てくるのはムービーで分かってましたけど唐突に出てきたのでびっくりしました。
いきなり第2位ですからね。
もしスメールで博士を倒してしまうと3位以下のインパクトが薄れるので、おそらく直接対決は無さそうな予感。

なお、博士の手によってナヒーダは意識転移ができなくなりスラサタンナ聖処に捕らわれの身となりました。

スカラマシュ

そして教令院の目的を探るためティナリを探しに行くわけですが、そこで偶然出会ったハイパシアにいきなり「神と意識を繋げてあげます」と言われて繋いでみたらスカラマシュの過去を見せられます。
ティナリを探してるのに様子が怪しげなハイパシアの誘いに乗るのは正直ちょっと雑な展開だとは思いました。

肝心のスカラマシュの過去は「過去に3回裏切られたので全てが信じられなくなりました」っていう話で、裏切った人たちは下記のとおりです。

スカラマシュを裏切ったとされてる人たち
  • 1回目は雷電将軍
  • 2回目は御輿長正(スカラマシュの恩人で万葉の祖先である桂木を殺した人)
  • 3回目は詳細不明の少年(たたら砂で仲良くなった子供?)


2回目は相手が悪いのですが、1回目と3回目はスカラマシュの逆恨みが入ってるような気もしました。
そして何故マハールッカデヴァータでもスカーレッドキングでも無くスカラマシュの過去を見せられたの?って話なんですが、結論を言ってしまうと「教令院の目的はスカラマシュをスメールの新たな神とする事」だからです。
その為に神の缶詰知識を集めていたりした模様。

スメールの最初の方で稲妻の屋敷が出てきたのもスカラマシュが関係していたという事だったのでしょう。

そして色々あってスラサタンナ聖処に居るナヒーダを逆探知したスカラマシュは何故か巨大ロボに搭乗していました。
博士が作ってあげたんですかね?
まさかスメールの週ボスはこの巨大ロボだったりするのだろうか・・・


管理人
管理人

もしそうならワクワクが止まりませんね。



スポンサーリンク

イキリのセノとアルハイゼン

今回から新たに新キャラのセノがストーリーに登場したわけですが、正直セノは終始イキリ散らしてる上に教令院に良いように利用されちゃってるので間抜けだなあって印象でした。
まだ伝説任務やってないのでそっちでお茶目な面などは見れるんでしょうけど、それでもメインストーリーだけで見るとあんまり印象はよろしくない。

そしてアルハイゼンは終始イキり散らしてる上に嫌味ったらしいキャラだったのであまり好みではありませんでした。
ティナリは口が悪くても思いやりがある事が分かったんですけど、アルハイゼンは思いやりよりもイキリが勝っちゃってる気がしました。

特に「自分が特別な存在っていうのは悪い気がしない」みたいな中二精神はアイタタタ・・・って感じでした。

その分キャンディスは顔も声も可愛いし中身もマトモで癒し枠でした。
あとディシアもマトモ枠でした。

草神とスカーレッドキング

遥か昔のマハマトラの記憶から実はマハールッカデヴァータはスカーレッドキングの恩人であり、それを砂の民が恨んでるのは完全な勘違いであった事が判明します。
更に教令院がナヒーダに対して失望し「マハールッカデヴァータさえ居れば・・・」なんて愚痴ってましたが、このムービーを見る限りマハールッカデヴァータが力を使い果たしてナヒーダになったようでした。(確定では無い)

勘違い×勘違いで砂の民は教令院に利用され、教令院はファデュイに利用されるという何とも皮肉な話になっています。
最終的に「真実を知った仲間たちと一緒に賢者たちをぶっ倒しナヒーダを救うぞ!」となって今回のストーリーは終了です。

まとめ

セノとアルハイゼンのイキリに加えて話の展開が急すぎたり4幕の学者探しが地味すぎたりしたので、どうしても前回と比べるとストーリーとしてはクオリティ下がったと思ってしまうんですがその分ムービー多めで分かりやすくワクワクできる魔神任務でした。

博士とスカラマシュ以外でも、セノとアルハイゼンの殺陣はメチャクチャかっこよくて必見です。


管理人
管理人

ストーリーもそうですが、スカラマシュの巨大ロボと戦えるのかどうかが一番気になります・・・



第5幕


スメール最後の魔神任務である5幕は最高でした。

関連商品

スポンサーリンク
ストーリー原神
↓↓↓ この記事をシェアする ↓↓↓
↓↓↓管理人のTwitterをフォローする↓↓↓
スポンサーリンク
めぎしす!

コメント

  1. 匿名 より:

    廃病院や最後のムービーの外の世界の知識の描写とか今回はホラー感が強かった気がする
    廃病院でのレポートで博士はどうしようもないほどの悪党だと再認識したので彼には悲しい過去展開とか仲間にならずにいつか直接対決で退場することを期待してます

    • menuguildsystem より:

      たしかにセタレにかごめかごめみたいな事やってましたしホラー感は漂ってましたね

  2. 匿名 より:

    スメール本当にストーリー面白い。3.2も流れ的に盛り上がるだろうし先が気になる
    砂漠も結構探索しやすくて楽しい。ただ地下はMAP機能しないのだけが不便。不満点はそこだけだからスメールは完成度高いなあ

    • menuguildsystem より:

      スメールの気合いの入り方は桁違いですね
      マップだと地上と地下が見分けられないのとマップピン足りなくなってるのは問題だと思うのでアンケートが来たら書いておこうと思います

  3. 匿名 より:

    イキリ男二人の好感度が上がらない代わりに、ディシア姐さんの好感度が鰻登り。ただ、後半でルー大柴にこっそり会いに行った時の流れが、唐突でやや雑に感じた。
    男はガチャする気ないからどうでもいいが、早くディシアのガチャ回させてくれw

  4. 匿名 より:

    巨大ロボからスカラマシュが出てきて二連戦まである…かもしれない

スポンサーリンク