【世界平和チェンソーマン協会】落下の悪魔の影響で世界中が混乱!?ストーリーが大きく動き出した感じがしたがページ数が少ない!【チェンソーマン2部 132話感想】 | めぎしす!
このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

【世界平和チェンソーマン協会】落下の悪魔の影響で世界中が混乱!?ストーリーが大きく動き出した感じがしたがページ数が少ない!【チェンソーマン2部 132話感想】

スポンサーリンク
チェンソーマン2部132話感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆関連記事

ナユタ

出典:チェンソーマン2部 132話 少年ジャンプ+より


ナユタの学校編が始まるかと思われましたが、一瞬で終了しました。
前回の引きからこれはどうなんだって気はするものの、そんなにナユタの学校生活が見たいかと聞かれるとそうでも無いのでまあ良し。

支配の悪魔の力をくだらない事に使っているのは面白かったです。

落下の悪魔のせいで日本だけではなく世界中にも影響が出てるらしいのに普通に学校行ってるのは違和感あるでしょうけど、悪魔に人が殺される事に慣れてしまっているこの世界の子供たちの異常さが表現されてて逆に良かったと思いました。

世界平和チェンソーマン協会

出典:チェンソーマン2部 132話 少年ジャンプ+より


伊勢海ハルカがキガちゃんの指示で世界平和チェンソーマン協会を創設・バラエティー番組に出演していました。
この状況で暢気にバラエティー番組が放送できるのもチェンソーマンの世界ならではなのでしょう。

今のところキガちゃんの狙いは謎ですが、1部の展開から考えると悪魔は人気が上がるほど弱体化するのでチェンソーマンを弱体化させて手ごまにするのが狙いなのかも。
それで最終目標であるヨルを釣るとか?
まあただの予想ですけどね。

個人的には伊勢海ハルカの出番が少なくて残念だったので、ようやく本筋に絡んでこれそうなのは良かったです。
ちなみにハルカに語り掛けてた謎の存在は正体不明。(偽チェンソーマンか正義の悪魔な気がする)

吉田の組織

出典:チェンソーマン2部 132話 少年ジャンプ+より


デンジとナユタが吉田の組織に保護(確保)されていました。
おそらくキガちゃんとかも含め色々な悪魔から守るためと見てよさそうです。
今までずっと謎だった吉田の組織についてようやく少し分かりそうですが、少なくともデンジの敵では無いと思ってます。

また、アサの事は保護していないのでそこまで興味は無い模様。
キガちゃんは今のところ人間側らしいですが、喫茶店の会話を見る限りだと吉田の味方って訳でも無かったのでどう対立していくのかは全然読めません。

あと相変わらず今回もデンジが主人公やっててベタベタのかっこいい台詞まで吐いていました。(ケツ穴発言は除く)
もうこのままデンジ主人公にすり替えてしまっても文句言う人少なそうですし、アサは準主人公ぐらいにしてしまっても良いのでは・・・?

まとめ


過去にも何回か言った気がしますけどストーリーが大きく動いた気がしました。
まあそう思わせてまた進まなくなる可能性も全然ありますけど。

あと1週休んだのにページ数が少ない!
タツキ先生がチェンソーマン2部以外に何の仕事抱えてるのかは知りませんが、「毎週水曜更新!」って書いといて2週間で15ページはきついです。


管理人
管理人

中々話が進まない・・・



関連商品

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    えっもう終わり?ってなる短さだったな
    しかしデンジがムキムキなのに笑った
    良いもん食ってそう

  2. アバター 匿名 より:

    20ページ描けないなら、いっそのこと○○話(前編)、(後編)って形で連載して通常通り20ページの1話の中で起承転結を付ける形にした方が後から読み返した時の読み味は良くなりそう

スポンサーリンク