スラダン映画の事前PRの下手さは語り継がれるレベル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【衝撃】アイドルマスターやウマ娘などの作曲家として有名な田中秀和容疑者が逮捕された影響で「アクタージュ」がトレンド入り【配信停止の判断】

スポンサーリンク
逮捕された田中秀和
スポンサーリンク

田中秀和容疑者逮捕

「アイドルマスター」や「アイカツ!」シリーズの楽曲で知られる作曲家の田中秀和容疑者が10月24日、10代の女性に対してわいせつな行為をしようとしたとして「強制わいせつ未遂容疑」で逮捕されました。警視庁碑文谷署が25日に発表しました。

発表によると田中容疑者は8月20日夜、東京・目黒区の駅近くの駐輪場で10代の女性にわいせつな行為を働こうとしたとのこと。女性が抵抗したため未遂となりました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f932711f098c2ff923f2eabc515371486e5c37ef


オタク界隈では相当有名だった作曲家の田中秀和容疑者が10月24日に逮捕されました。
様々なアニメ・ゲームで有名なのはもちろん、最近ではvtuberのオリジナルソングなども多く作曲しており関わった楽曲の数は半端ではありません。

スポンサーリンク

アクタージュがトレンド入り


今回の件で原作者が強制わいせつ容疑で逮捕され打ち切りになった少年ジャンプの作品「アクタージュ」がトレンド入りしていました。
田中秀和容疑者が逮捕された事を受け、作曲した楽曲全てを配信停止にするべきなのかどうか議論されていたのでその関連でしょう。


性犯罪によって受けた傷は自然に癒えるものではありません。この先も似た身なりの人とすれ違うたびに体が強張り、早足になり、夜道を歩くことに恐怖を覚え、被害に遭われた方の人生に本来必要なかったはずの緊張と恐怖をもたらします。
「アクタージュ」という作品そのものを見ることによってそれらが誘発されたり、苦痛を与える原因になる可能性を考慮して、作品の終了は妥当だと判断しました。

ー中略ー

作品を惜しむ声が被害に遭われた方に対しての重圧となることは、絶対に避けるべきことです。
当然のことですが、作品が終了するのは被害に遭われた方のせいではありません。

https://twitter.com/uszksr/status/1297730352467906566


且つてアクタージュが打ち切りになった時に作画担当の宇佐崎しろ先生はこのようにツイートしていました。
当たり前ですが、これから田中秀和容疑者の楽曲が全て配信停止になったとしても被害に遭い通報した被害者を責める事はあってはならないでしょう。

しかし、「被害者の居る犯罪を犯した人が関わっている作品は必ず根絶しなければならない」という風に私は思ってないので、仮に関わった楽曲を配信停止にしない判断をしたところがあっても「被害者への配慮が足りない」と曲の配信元を責めるのも違うと思います。

悪いのは田中秀和容疑者なのでそこ意外に矛先が向かない事を願ってます。

関連商品

コメント

スポンサーリンク