【悲報】理水畳山真君と削月築陽真君がモブキャラ化してプレイアブルとして実装されない事が確定してしまう【海灯祭】 | めぎしす!
このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

【悲報】理水畳山真君と削月築陽真君がモブキャラ化してプレイアブルとして実装されない事が確定してしまう【海灯祭】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆関連記事

【初日の感想】探索性能はすごいけど戦闘はまだ評価が固まってない閑雲

理水畳山真君と削月築陽真君

理水畳山真君と削月築陽真君は留雲借風真君と同じ仙人で、ストーリーでは旅人と共に魔神オセルと戦いました。
留雲借風真君と比べるとかなり出番は少なかったですが、閑雲が実装されたのでもしかしたらこの2人も実装されるんじゃないかと期待されていました。

海灯祭にて

理水畳山真君と削月築陽真君がモブ化


しかし2024年の海灯祭で2人が人型として登場、髪にメッシュが入っただけのモブキャラでした。
今までモブキャラだった奴が後から専用グラを与えられた例は無かったはずなので、2人がプレイアブルとして実装されない事がほぼ確定してしまいました。

以下はXの反応。






感想

明らかに留雲借風真君とは扱いが違ったので仕方ないのかなと思います。
甘雨とか申鶴みたいなプレイアブルキャラを弟子に持ってれば違ったのかもしれませんがね。


管理人
管理人

案外帰終とかの方が実装確率高いかもしれない



関連商品

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    びっくりするほどモブで草
    こんなんなら無理に擬人化出さなきゃいいのに…

  2. アバター 匿名 より:

    ピンが真の姿を匂わせてプレイアブル化が期待されてるし、その結果次第でまだまだ可能性はありそう

  3. アバター 匿名 より:

    よく知らんけど、人形態の姿は好きなように変えられるんじゃないの?
    そんなら別に可能性が無くなった訳でもない気がする
    まぁ実装されてもいらんけど

スポンサーリンク