【つまらない】だらだらと寒い台詞言い合ってテンポ悪いしバトル作画も微妙で酷い回だったアニメ『葬送のフリーレン』20話 感想 | めぎしす!
このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

【つまらない】だらだらと寒い台詞言い合ってテンポ悪いしバトル作画も微妙で酷い回だったアニメ『葬送のフリーレン』20話 感想

スポンサーリンク
アニメ『葬送のフリーレン』20話 感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆関連記事

【ドラえもん】鳥を捕まえる魔法がピンポイントすぎてご都合だったし作画も省エネだったアニメ『葬送のフリーレン』19話 感想

テンポ悪い


今までもちょいちょい感じた事はありましたが、今回は特にテンポが悪いと感じる回でした。
無駄に間延びしたバトルにだらだらと寒い台詞を交わすばかりの会話。

特にヴィアベルとユーベルの会話は浅いし寒いし厨二感満載で、見てて痛々しかったです。
あとデンケンとリヒターの殺す→殺さないのやり取りを2回もやってるのがくどかったし、全然面白さにも繋がってませんでした。

なので、今回はバカにされているなろう系より余程薄ら寒い話にしか見えませんでした。

作画微妙

© 山田鐘人・アベツカサ/小学館/「葬送のフリーレン」製作委員会


今回も作画はかなり微妙でした。
正確に言うとバトルの動きや引きの画が微妙で、特に冒頭のヴィアベルとユーベルがのろのろ歩きながら戦ってるシーンはかなりシュールでした。

おそらくテンポの悪い会話で尺稼ぎしてたのは作画省エネ回だったからなのでしょう。
前回も言った通りフリーレンから作画のクオリティを取ったらそこら辺のなろう系と大差ないので、そこだけは頑張ってほしいと思いました。

ガバガバ

今回も色々とガバガバでした。
以下ガバガバだと思った点。

  • フェルンを古い戦い方だと言ってるエーレのやる事が石を飛ばす魔法
  • さっさと倒せば良いのにどや顔でだらだらと魔法の説明をするラント
  • 高速移動でフリーレンに気づかれずシュティレを奪えるラオフェンがカンネやラヴィーネを戦闘不能にせず逃げていく事
  • 魔力も消さず浮遊魔法を使いながら歩いているヴィアベル達の前にまんまと現れるシュティレ
  • 「足止めができればいい」と言ってるデンケンたち相手に5分近く話し込むフリーレン達


ご都合と省エネ作画のためなんでしょうけど、終始ツッコミどころだらけでシュールでした。
もう少しどうにかならなかったのか。

まとめ

個人的に今までのフリーレンでワースト回だったかもしれません。
今回の内容ですら「フリーレン面白過ぎ!」って言ってる人は本当にそう思ってるのか聞いてみたい。


管理人
管理人

省エネ回だったから次回に力入れてるんだろうけどそれにしても酷い



21話の感想


21話の感想です。

関連商品

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    作画はしょぼくはないんだけど演出がね…
    次が試験編で一番盛り上がる所らしいし、劇場だったり特定の会社でしか見かけないスーパーなアニメーターが度々参加してたりするし、まぁ来週駄目だったらうん…て感じですね

  2. アバター 匿名 より:

    バトル展開に入ることは受け入れたけど
    せめてフリーレンかフェルンの戦闘シーンだけピックアップしてくれ
    ポッと出の謎キャラ同士の戦闘シーンとか掛け合いとかそんな長い尺とらなくていいねん

  3. アバター 匿名 より:

    今回は流石に演出やる気なさすぎてひでえ。バトルに振り切るならちゃんとしてほしいね

  4. アバター 匿名 より:

    フリーレン面白過ぎ!ヒャッホー!!

  5. アバター 匿名 より:

    ほんとだわなんで浮遊魔法使ってんのに鳥飛んでくんだよクソワロタ
    こういう細かい描写は今のなろう小説では割とちゃんとするようになってきてるのに、この覇権アニメ(笑)はそんなところもできないんか……w

  6. アバター 匿名 より:

    最近ちょっと面白くなってきたと思ってたけど2時間スペシャルぶりにガチで睡魔が襲ってきて最後まで見れんかった
    おっさんがだらだら喋るとことかもう耐えられんかったわ
    これが覇権?嘘でしょ

スポンサーリンク