【魔神任務のネタバレ注意】召使が管理している壁炉の家(ハウスオブハース)について【孤児院】 | めぎしす!
このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

【魔神任務のネタバレ注意】召使が管理している壁炉の家(ハウスオブハース)について【孤児院】

スポンサーリンク
壁炉の家(ハウスオブハース)について
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆関連記事

【原神】Ver.3.8で澄明なラピスラズリのテキストが変更されフリーナがほぼ水神確定!

この記事について

この記事では召使が管理している壁炉の家(ハウスオブハース)について解説します。
魔神任務4章第1幕のネタバレについては次のページで紹介するのでこのページにネタバレは含まれません。

召使について


召使はファデュイの執行官で順位はおそらく10位と予想されています。
タルタリヤからは「その目には狂気しかなく、自分の利益のためならスネージナヤの女皇さえ裏切る」と評されています。

また、放浪者からは「道徳化気取りの偽善者、親切そうに見えるのは人をコントロールするためで狂った一面を見た物は殆ど(死んでいる)」と評されている事から、かなりヤバい奴である事が分かります。

壁炉の家(ハウスオブハース)

壁炉の家はファデュイ執行官の召使が管理している孤児院で、親を亡くした子供を引き取りスパイとして育てる施設です。(スパイになってからは召使以外の部隊にも所属する)

男性にはシュナイツェビッチ、女性にはシュナイツェフナという姓が付けられます。
稲妻の世界任務「特別なおみくじ」や森林書などで既に壁炉の家の出身者たちが登場しており、テイワットの様々な地域で暗躍しています。

既に旅人は壁炉の家出身者を何人も殺していますが、召使の親切さは芝居なのでそれを気にしているかどうかは不明。
ちなみに、召使が”お父様”と呼ばれているのは単にそういう呼び方であって性別は女性の筈。(タルタリヤのストーリーが誤植じゃなければ)

次のページから魔神任務4章第1幕のネタバレが含まれます。

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    冬夜の戯劇を見た時は、割と人を悼める良識人枠かとも思ったけど、案外そうでもなさそうなんだよなぁ

スポンサーリンク