スポンサーリンク

【サイコスがもはや災害レベル神】ワンパンマン 第175話を読んだ感想

効果音がヴィシュヌ 漫画

あらすじ

オロチと融合したサイコスをタツマキが地殻ごと持ちあげ、今回から本格的にサイコスvsタツマキ戦の開始です。
今回も作画がすごい事になっています。

サイコスの戦闘描写

海をぶった切るサイコス
出典:ワンパンマン175話より

オロチと融合したサイコスが今回から遂に本気で戦ってるわけですが、大した溜めも無く発射したビームで地球の表面を切り裂いています。

描写だけでいったらサイタマのマジ殴りに匹敵します。
まあ当然サイタマには絶対に勝てないでしょうけど、少なくともボロスぐらいの強さはあると思います。(というか超えてそう)

ボロスでさえ一応竜に分類されてましたが、正直ここまでの破壊力持ってたら災害レベル神で良いと思います。
だってこれ地球の核に向かって撃ったら地球壊せますから、人類滅亡どころの話じゃ無いですよ。

出典:ワンパンマン175話より

サイコスがオロチと融合した時に、おそらくホームレス帝の前に現れたであろう神が力を与えたそうです。
この時、サイコスは神を”木星の表面にも似た”と言っており、またタツマキが「一体どこからこんな力を・・・?」と言っている時もバックに月が映っているという意味深な描写がされています。

出典:ワンパンマン175話より

サイコスが全ての生物を吸収したらやがて星1個の完全生命体になれるとか言ってますし、もしかしたら既に地球やその他の惑星も生命体なのかもしれません。

出典:ワンパンマン1話より

1話に出てたワクチンマンやちょいちょい出てくる災害レベル竜の怪人も地球意志とか言ってましたし、地球が明確な意図をもって人類を滅ぼそうとしているのかもしれません。

ただ、「そんな力あるなら自分で滅ぼせや」って話になりますし、今回のサイコスみたいに力を与えた結果地球をぶっ壊しちゃってるので方法が回りくどい気もする。

ワンパンマンってすごく単純なストーリーなのですが、地球意志や怪人の増加によって人類を滅ぼそうとする流れだけは最初から一貫しているので、終盤でどのような畳み方をするのか気になります。

あとサイタマの強さが惑星由来の物だと何となく嫌なので、あくまで怪人と戦い続けてリミッターを外したという設定はそのままであってほしい。

今後の展開

出典:ワンパンマン175話より

原作通りならサイコスはタツマキにやられるわけですが、ここまで強くしてしまうと普通に勝たせるのは無理な気がします。
また、このままだとこの後に控えている幹部たちや覚醒ガロウがショボく見えてしまう可能性があるのでその辺りどうするのか。

  • サイタマが地下の細胞を全滅させてサイコス弱体化
  • 原作であったホームレス帝の力を神が没収する下りをサイコスでやって残りカスになったサイコスをフブキが撃破


この先の展開はこの2パターンが可能性高いと思ってるんですけど、どっちにしてもサイコスの描写は少々やりすぎ感があるので最後のガロウは不安です。

ここまで来たらむしろ完全オリジナル展開の方が盛り上がるのかもしれない。


クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 アニメブログへ

関連商品

コメント