スポンサーリンク

【稀に見る酷い終わり方】ぼくらの血盟が18話で打ち切りに

血盟のビジン 批判・愚痴

タイパクを継ぐクソ漫画」としてアンケのドベを常に死守し続けていたケツ盟。
しかし、全く復活する見込みの無いアンケ結果と新連載の決定により悲惨な結末を迎えてしまったのであった・・・

スポンサーリンク

ぼくらの血盟とは

2020年42号から連載開始したかかずかず先生の作品で、2019年の本誌読み切りで大好評だった誓約の紅を連載化した作品です。

しかし、画力が低いだけではなく、意味不明な倫理観や読み飛ばしたかと疑うぐらいに繋がりの無いストーリー、シュールギャグかのような展開であのタイパクの跡継ぎという不名誉な称号を得ていました。

その完成度の低さはアンケートにもしっかりと反映されており、新連載ブーストが切れてからはずーっとケツから3番目以内をキープしてしまっていました。

打ち切り

ぼくらの血盟 打ち切り最終話
出典:ぼくらの血盟 18話 少年ジャンプ2021年8号より

そんなぼくらの血盟が今日の2021年8号でたった18話で打ち切りとなってしまいました。
次回作にご期待ください”の文字すら無し。

ただ、あの伝説のクソ漫画タイパクはわずか14話で打ち切りだったので、あれと比べれば多少延命できた方ではあります。


しかし、話数では上回ってはいるものの、終わり方だけを見れば血盟はタイパクよりも酷かった気がします。

  1. 両親を殺した長髪の吸血鬼(多分ラスボス)は現れず
  2. 吸血鬼と敵対する勢力の抑止力についてはよく分からず
  3. 明らかにブリーチの浦原をパクったぽい駄菓子屋のロリばあさんの昔話も回収されず
  4. 無惨に殺されたアキちゃんについて何も言及されず

1,2,3に関しては風呂敷広げたけど急に打ち切りが決まったので入らなっただけなんですが、4に関しては意図的にかかずかず先生が避けてたので恐ろしいなと思いました。

アキちゃんとは

ぼくらの血盟 アキちゃん
出典:ぼくらの血盟 8話 少年ジャンプ2020年48号より

友達で吸血鬼のキリちゃんに殺されてしまった人間の子供です。
元は敵だった吸血鬼の作戦で2人は閉じ込められ、空腹が限界に達したキリちゃんが暴走しアキちゃんの血を飲んでしまったわけです。
これに怒った主人公兄弟2人は敵の吸血鬼を倒すことを決意するのですが・・・

出典:ぼくらの血盟 18話 少年ジャンプ2021年8号より

色々ありまして敵だった吸血鬼は結局「悪い奴じゃ無かったんだ」理論で許され、最終話ではそいつがキリちゃんに謝罪して許されていました。
しかし、ここで1番恐ろしいのは悪い奴が許された事では無く、被害者であるアキちゃんに誰も言及しないという点です。

元悪者の吸血鬼だけではなく、主人公の兄弟すらアキちゃんやその遺族には一切触れず「1番に謝るべきはキリちゃんでしょ」と言い出す始末。
つまり最初から最後まで人間は二の次の吸血鬼至上主義なわけですが、主人公の兄弟は「吸血鬼と人間は分かり合える」と主張しちゃってます。

このわざとやってるのかどうか分からない食い違いが非常に恐ろしく、逆に私は「吸血鬼と人間は絶対に分かり合えない」というメッセージ性すら感じたほどです。

まとめ

サムライ8やタイパクと比べると全く話題にはなっていませんが、内容のぶっ飛び具合はこの2つに並ぶぐらいの酷い作品でした。
怖いもの見たさで読んでみるなら良い作品かもしれません。

最近の新連載は酷い有様なので、これから始まる作品には期待したいです。

関連商品

コメント

  1. 早川アキ より:

    見事ジャンプ連載をやりきったかず先生ェに、菊瀬編集のこの言葉を贈ります
    「地元帰って身内とか少ないファン囲ってチヤホヤされてれば?」

    • 匿名 より:

      地元の身内「ええ…(困惑)」

      なんていうか中途半端にジャンプ漫画を描こうとして
      美少年ショタ愛の性癖が隠せずブレブレになった感じ

      もうやるんだったら男が見ても美少年だと分かるくらい画力磨いて
      潔く性癖を大爆発させてホモホモバトルさせて
      「これホモ臭いけどちゃんと読むと作者の熱意と勢いすごくて面白いよ」
      って言わせてくれるくらいのパワーが欲しかったなあと

  2. 匿名 より:

    先週だったか忘れたけど巻末の作者コメント見るとメンタルにきてる感じやったね
    最終話の投げやりすぎる締め方も普通の作者ならもう少しキレイに締めるし、かかずかず先生は良くも悪くも普通の感性じゃないなと思った

  3. ももんが より:

    読み切り見た時凄い良かったけどねぇ…