【呪術廻戦 214話感想】来栖があっさりと退場?終わらない呪胎戴天とここに来てまた謎が増えた虎杖の体について【羂索】 | めぎしす!
このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

【呪術廻戦 214話感想】来栖があっさりと退場?終わらない呪胎戴天とここに来てまた謎が増えた虎杖の体について【羂索】

スポンサーリンク
呪術廻戦214話感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆関連記事

来栖退場?

来栖退場
出典:呪術廻戦 214話 ジャンプ2023年13号より


来栖は羽と右腕をむしられた上で高層ビルの屋上から”グチャ”という擬音付きで落下しました。
天使が強力な反転術式を使える可能性は0では無いものの、宿儺がそれを知らないわけが無いので普通に考えれば死んでると思います。

落ちた先で誰かが助けてくれてるというご都合展開か、もしくは天使が来栖を捨てて抜け出してるぐらいしか可能性は無いんじゃないでしょうか。
まあこれで退場だとしたら来栖は相当な幸薄キャラですけど・・・

五条の封印を解く人が居なくなってしまうので生きてるというメタ的な考え方もできますが、ここに来て封印を解く新たな方法見つけちゃったとかいう展開もあり得そう。
さすがにギャグ展開すぎるとは思いますが高羽が封印を解いてしまう可能性は僅かですがあります。
理論上何でもできますからね。

五条が復活しないまま終わるというまさかの可能性もありますが、作品の人気的にも話の面白さ的にも流石に無いかなと思います。

何故か復活した虎杖

何故か腹の穴が塞がった虎杖
出典:呪術廻戦 214話 ジャンプ2023年13号より


腹パンで風穴空けられた筈の虎杖が傷を治してあっさりと復活し、おまけに何故かパワーアップまでしてて宿儺を追い詰めてました。


管理人
管理人

どういう事!?



体が頑丈なのは当然なんですけど傷が治ったりパワーアップしたりするのは新要素でしょ。
急に反転術式を使えるようになったとか?
でもその割には宿儺がちぎった小指は治ってないので意味が分からない。


虎杖と脹相が合体して復活するんじゃないかなんて予想してましたが、まさかの裏切られ方でした。
しかも宿儺が「小僧はあの時の」「羂索め気色の悪いことをする」とか意味深な事を言ってて、まだ謎が残ってるのかと思いました。

もう終盤でしょうしそろそろ虎杖に関する謎は全部明かして欲しいですね。
あとここまで来てもなおゴリラ廻戦をやってたので「いい加減術式をつかえるようになってください」とツッコんでしまいました。

恵の抵抗

伏黒の抵抗で虎杖に殴られる宿儺
出典:呪術廻戦 214話 ジャンプ2023年13号より


そして最後は恵の抵抗で弱体化した宿儺を虎杖がぶん殴るという事で、ここに来てまたベタな展開になりました。
ここまでやったなら徹底的に絶望展開にしてほしかったので、案外どうにかなりそうで正直ちょっと肩透かし感があったのは否めません。

あと器として作られた虎杖に主導権握られるのはまだしも恵にすら抵抗されるって実は宿儺って大した事無いのでは?と思ってしまいました。
しかも今の宿儺はおそらく15本分ですからね。

もしかしたら恵も特別なのかもしれませんが、そこら辺説明してくれないと宿儺の格が落ちてしまう気がしました。

恵に受肉するところは久々に呪術で震えた展開だっただけに今週はちょっと残念。
虎杖の謎やいい加減使えるようになるであろう術式で盛り上げてほしいです。

関連商品

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    来週が表紙&巻頭カラーなので今週は溜めのターンだったのかな?
    盛り上がってくれることを期待してます

  2. アバター 匿名 より:

    ご都合覚醒してもゴリラ廻戦してんのはガッカリだわ
    まあこれで見た目変えたらさらに幽白だしなんだかなぁ

スポンサーリンク