【これぞ岸影】NARUTOの新作読み切り外伝 「渦の中のつむじ風」がメチャクチャ面白かった【波風ミナトの物語】 | めぎしす!
このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

【これぞ岸影】NARUTOの新作読み切り外伝 「渦の中のつむじ風」がメチャクチャ面白かった【波風ミナトの物語】

スポンサーリンク
NARUTO新作読み切り 波風ミナトの物語の感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆関連記事

【打ち切り】独断と偏見で決めた少年ジャンプの令和クソ漫画四天王

「渦の中のつむじ風」とは

NARUTOP99 結果発表
世界中のNARUTOファンが選んだNARUTOP99の最終結果を発表!全488キャラクターの順位を掲載しているのは本サイトだけ。さらに世代別の人気ランキングなどのスペシャルデータも。さまざまな視点から結果をお届けしていきます。


岸本斉史」先生の超人気漫画「NARUTO-ナルト-」の全世界キャラクター人気投票企画「NARUTOP99」が行われ、そこで見事1位に輝いた波風ミナトに描き下ろされた作品です。

サムライ8やBORUTOとは違い作画も岸本先生が担当するという事で、全世界から注目されていました。

面白かった

岸本先生が自ら描こうとしたわけではなく人気投票で決まった作品だったので不安もあったんですが、メチャクチャ面白かったです。

適当にファンを喜ばせるだけの内容もあり得ると思ってたんですけど、最初から考えてたんじゃないかと思うぐらいしっかりとしたミナトとクシナの過去編でした。
描き切れてないだけで全員分の過去エピソードの構想が岸本先生の頭の中にはあるんでしょうね。

螺旋丸の開発秘話という事で本編に繋がる話なんですけど、そのつなぎ方も上手かったです。

出典:渦の中のつむじ風 少年ジャンプ2023年33号


例えば「渦も螺旋となりましょう」という台詞は違う景色を見られるようになったクシナにかかっているのはもちろん、螺旋丸の修行の過程や色々なキャラの人生にも通ずるところがあってベタですが良い話だなと思いました。

既に本編で螺旋丸については結構色々なエピソードがあったんですが、ここまで掘り下げた事により更に魅力的な技に見えてきました。

描写と画力

出典:渦の中のつむじ風 少年ジャンプ2023年33号


ラストで将来の4代目であるミナトが火影岩を作られる位置に居るところは最高でした。
ミトの話から見事に繋がってて、相変わらず演出の仕方が上手いですね岸本先生は。

画力も読みやすさもバツグンでしたし、衰えるどころか進化してるんじゃないかと思うほどでした。
ボルトや他のナルト外伝もすごい画の雰囲気を寄せててすごいんですけど、やっぱり本家は良い。

まとめ

今週号のヒロアカ・ワンピース・呪術廻戦・ナルトという並びを見ただけでも胸アツだったんですけど、内容もメチャクチャ面白くて大満足。

サムライ8の時は岸八なんて呼ばれてましたが、今回は紛れもなく岸影だった。
やっぱり編集がしっかりと作り上げたナルトという土台があれば面白い物が安定して作れるんですね。


管理人
管理人

絶対人気出るから全キャラの外伝やって単行本出しません?



関連商品

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    元からズレてる感性でヒットしたんだからそこからさらにズラさず姿勢だけ直してくれる編集さえいればずっと岸影でいられるんかもね…
    絵はさらに上手くなってる感じもあったし

    • menuguildsystem menuguildsystem より:

      次の新作はサムライ8の失敗を活かして編集部の言う事をちゃんと聞いてほしいです

  2. アバター 匿名 より:

    サムライ8とはなんだったのか
    誰が得したんだよあの作品

  3. アバター 匿名 より:

    昔読んでてNARUTO大好きだったのですが、そんなに面白いなら読むべきですかね?

スポンサーリンク