【僕のヒーローアカデミア 398話感想】ここに来てオールマイトの過去回想 ある種狂気を感じる平和の象徴の姿が逆に良かった【ヒロアカ】 | めぎしす!
このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア 398話感想】ここに来てオールマイトの過去回想 ある種狂気を感じる平和の象徴の姿が逆に良かった【ヒロアカ】

スポンサーリンク
僕のヒーローアカデミア 398話感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆関連記事

オールマイトの過去

オールマイトの過去
出典:僕のヒーローアカデミア 398話 ジャンプ2023年39号より


ここに来てオールマイトと師匠(志村菜奈)の出会いについての過去回想が挟まれました。
もっと劇的な出会いかと思いきや、最初は師匠が結構ドライな態度でした。

それにしてもオールマイトの家族がみんな殺されてたって何気に初耳な気がするんですが、さらっと明かされてましたね。
昔はそんなの当たり前で今回の話で重要なのはそこじゃないって事なんでしょうけどびっくりしました。

そして無個性の自分には役割が無いからという、今のオールマイトからは考えにくい後ろ向きなオリジンもギャップがあって良かったです。
そんなオリジンから今の平和の象徴にまで上り詰めたという努力が感じられましたし、ただの復讐にしないのも良い。

狂気

人の役に立てて嬉しいオールマイト
出典:僕のヒーローアカデミア 398話 ジャンプ2023年39号より


ボロボロになったこの状況でも「人の役に立てて嬉しい」って言いながら笑うコマはオールマイトにある種の狂気を感じられるシーンでした。
ナイトアイが言ってた「オールマイトの底に宿る狂気」っていうのはこれの事だったのでしょう。

デクも同じですが、どこまでも他人のために動き自分を犠牲にする精神が共通する部分であり周りからは理解できない部分でもある。

正直この表情や笑い方はヒーローらしからぬ物ではありますけど、だからこそオールマイトらしかったですしようやくオールマイトというキャラを理解できた気がしました。

ここで敢えてこの表情を描くのはセンス感じましたし、短い台詞と画だけでそれを伝えるのはさすが堀越先生だと思いました。
やっぱりこの画力あってこそのヒロアカ。

まとめ

398話にしてオールマイトの掘り下げ回になりましたが、非常に良かったです。
前回の7ページが無ければもっと良かったんですがね。


管理人
管理人

そういえばデクvs死柄木の詳細はいつ描かれるんだろうか?



関連商品

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    1話と同じ屋上に来たのエモい

  2. アバター 匿名 より:

    キャラの持つ精神性とかに凄く重点を置いてる作風だよなぁヒロアカ
    最終決戦でそれぞれのオリジンが物語の展開に結びつくのはエモい
    異形差別の回とかめちゃくちゃ好き

スポンサーリンク