【大ゴマ連発】保科副隊長の覚醒回だが全然内容が無かった あとどんどんメガネが大きくなるオペレーターが面白い【怪獣8号 92話感想】 | めぎしす!
このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

【大ゴマ連発】保科副隊長の覚醒回だが全然内容が無かった あとどんどんメガネが大きくなるオペレーターが面白い【怪獣8号 92話感想】

スポンサーリンク
怪獣8号 92話感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

保科副隊長の覚醒

出典:怪獣8号 92話 少年ジャンプ+より


保科副隊長が覚醒して解放戦力が100%になるという回だったんですが、大ゴマ連発で全然内容が無かったです。

そもそも大ゴマというのはここぞという場面で使うから盛り上がるのであって、1話でこうも連発されるとインパクトが薄れるし単調。
単純に漫画としてだなと思ってしまいました。

また、保科副隊長の原動力が「刀を振るのが楽しいから」というのも開き直りすぎてて嫌でした。
ずっと言ってますが、誰か1人ぐらい国民を守る事が最優先の隊員は居ないのか?

「誰かに認めてほしい」だの「楽しい」だの、本当に学校の部活みたいになってるじゃないですか。
キャラのモチベーションが全体的に幼稚。

オペレーターのメガネ

出典:怪獣8号 92話 少年ジャンプ+より


回を重ねるごとにどんどんオペレーターのメガネが大きくなってる気がします。
当然誰も触れないからシュールだし、コマによって大きさが変動したりブリッジとテンプルが無くなったりしてて笑える。

もしこれが狙ったギャグなんだとしたら松本先生のセンスを少し見直すかもしれない。

あとナンバーズのスーツで解放戦力が100%に達したのにリアクションが薄かった。
普通のスーツとは違うんだからこここそオペレーターが大はしゃぎするシーンだと思うんですがね。

まあ今回は保科副隊長にフォーカスを当てたかったのか露骨にオペレーターの出番が減ってましたし、リアクションも薄くされたのかもしれないが。

まとめ

「さあ楽しむぞ」と言って覚醒しただけの回でした。
殆ど描写の無い兄貴との過去回想を見せられても全然感動しないし、面白くなかったです。
あと次回は怪獣百景(イラストのみ)なので、おそらくまた1カ月の休載。


管理人
管理人

どんだけ進まないんだこの作品は・・・



関連商品

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    だらだら引き伸ばしと数ヶ月に一度どこかで見たような見せ場な展開を延々繰り返してるけどネタ切れなんだろうか
    裏サンデーでも怪獣8号みたいなの始まったけど、あっちはかなりテンポ良かったわ

スポンサーリンク