スラダン映画の事前PRの下手さは語り継がれるレベル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ベイビーステップの再来】16年連載されてきた漫画「ダイヤのA」最終回がまるで打ち切りのような終わり方だと話題に!【続編フラグも】

スポンサーリンク
打ち切りのような最終回だったダイヤのAact2
スポンサーリンク

ダイヤのAとは

週間少年マガジンの2006年24号から連載していた作品で寺嶋裕二先生の作品。
2015年38号からは第2部である「ダイヤのA actⅡ」が連載されていました。

少年マガジンを代表する野球漫画で、中学時代に大暴投をして1回戦敗退してしまった主人公の沢村栄純が名門の青道高校からスカウトされチームのエースを目指して奮闘するというストーリーです。

最終回

打ち切りのようなダイヤのAの最後のコマ「ふはははは 新・沢村伝説の始まりだー」
出典:ダイヤのA actⅡ マガジン2022年48号より


そんなダイヤのA actⅡが2022年10月26日に発売された少年マガジンで最終回を迎えたのですが、これから甲子園本番というところで「ふはははは新・沢村伝説の始まりだー!!」というギャグのようなコマを最後に完結してしまいました。
また、前回沢村が腕を故障したかのような不穏な描写があったのですが「ただの炎症だったわ」で済まされてしまい何のための描写だったのか謎でした。

この終わり方があまりにも酷くまるで打ち切りのようだと話題になり、twitterで「ダイヤのA」や「打ち切り」などがトレンド入り。


また、同じく少年マガジンで且つて伝説の打ち切りエンドになった「ベイビーステップ」という作品もオマケでトレンド入りしていました。

長年やってるからと言って必ずしも大団円を迎えられるわけではありませんが、それにしてもこの終わり方は酷いですね。
ちなみに私はこのギャグのような最後のコマを見て「焼きたて!!ジャぱん」の「なんやて!?」を思い出しました。

スポンサーリンク

作者のツイート


この件に関して作者の寺嶋裕二先生がツイートしていました。
どうやら週刊連載と合わなくなったので一旦ここで区切る事にしたそうです。
なのでもしかしたら別の形で続編はあるのかもしれません。

それにしてもこの終わり方はどうなの?」って気はしますが、それはともかく寺嶋裕二先生お疲れさまでした。
週刊連載は恐ろしいですね。

関連商品

スポンサーリンク
打ち切り漫画
↓↓↓ この記事をシェアする ↓↓↓
↓↓↓管理人のTwitterをフォローする↓↓↓
スポンサーリンク
めぎしす!

コメント

  1. 匿名 より:

    月刊連載とかにして月マガ移籍という道は取れなかったんかねぇ
    今だとウェブ媒体に移籍してもいい訳だし
    まぁ本人が決めたことだから仕方ない

スポンサーリンク