スラダン映画の事前PRの下手さは語り継がれるレベル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【どうしてこうなった】「クリエイター同士が意見をぶつけ、高め合う強豪校のような現場」とアニメ「チェンソーマン」の中山監督がインタビューで語っていました

スポンサーリンク
チェンソーマンアニメ感想
スポンサーリンク

中山監督のインタビュー

MEN’S NON-NOにアニメ「チェンソーマン」の中山監督と瀬下プロデューサーのインタビューが掲載されていました。
その一部がこちら。

瀬下 クリエイターも、とにかく精度へのこだわりが強い人が集まっていて、かなり意見のぶつかり合いが多い。それは本当にいいこと。例えるなら、優勝をめざす意志が全員固まっている強豪校。

中山 その中に、ホームランを打ちたい人もいれば、盗塁したい人もいて、その魅力を適所で生かすことですごい力が生まれるんです。

https://www.mensnonno.jp/lifestyle/culture/255627/#shm-vp-5


当たり前と言えば当たり前なんですが、誰かの独断で作られているわけではなく色々と意見をぶつけ合って作っているようです。
優勝をめざす強豪校っていう例えは今一つピンと来ませんが・・・


中山 原作の雰囲気を壊さないように、リスペクトを持って制作に当たることを前提に、“映画好き”という藤本タツキ先生との共通点を足がかりにしながら、実写的な画面をつくっていきたいと考えています。デフォルメを減らし、安易に“アニメっぽさ”にいかない。映像としてどう見せたいかに重きを置いています。

https://www.mensnonno.jp/lifestyle/culture/255627/#shm-vp-5


また、以前のインタビューでも語られていたように「あくまでも原作の雰囲気を壊さないように」というのを前提に制作しているそうです。

監督が自分の色を出すために原作の雰囲気を無視してる」みたいに言われてますが、それは勘違いなので注意。
もっとも、原作をリスペクトした上でこうなってるから余計残念なわけですが。

スポンサーリンク

感想


このインタビュー内容だけ見てると素晴らしい作品ができそうな気がするのに、どうして実際はあんな原作の良さを殺した物になっちゃうんでしょうね?

まあ監督が原作の雰囲気を勘違いしちゃってるというのが最大の原因ではあるんでしょうけど、本当に意見をぶつけ合ってるなら「これじゃチェンソーマンとしては大人しすぎる・キレイすぎる」とかもっとツッコんでほしかった。

背景とか環境音とか細かいところにすごいこだわってるのは伝わってくるんですけど、肝心のノリや雰囲気や戦闘BGMなどが悉くズレちゃってるので無駄になってしまっているというのが私の感想です。

メインディッシュが微妙で付け合わせだけメチャクチャ凝ってるような感じ。


あとは過去記事で指摘してる通りどういう効果があるのか分からない細かい改悪がマジで意味不明なので、機会があるなら是非ともこういう物について説明していただきたい。
まあ説明されたところでアニメの内容は変わらないんだが・・・


アニメ版にはアニメ版の良さがあるだろ!



こう言う人の気持ちも分からないでも無いですが、ここまで原作と違う雰囲気に仕上げるんだったら完全オリジナルストーリーとか番外編でやってくれって感じ。
アニメ化ってのは基本1回こっきりなのでMAPPA以外のチェンソーマンを見る事はできないんですから・・・

原作で盛り上がるポイントの永遠の悪魔やサムライソードでズレた事したら今以上に反転アンチが増えそうですけど、果たしてこの調子でどうなるのやら。

関連商品

コメント

  1. 匿名 より:

    まさに「物は言い様」だな

    方針とでも言うのかな、それって最初期のうちに全体で決める物であって要所要所でブレていいものじゃないはずだが・・・

    そういう状態を「迷走」って言うんだが知らないのかね監督さんは

  2. 匿名 より:

    藤本タツキと同じ映画好きで、って話他のインタビューでも出てたけどなんか納得いかないわ。
    映画好きにも色々あるだろうに、アニメ・漫画業界の中で映画好きを見つけて興奮しちゃって、原作を読み込まずに自分の好きな映画の型に当てはめてるように聞こえてしまうね

  3. 匿名 より:

    ハリウッド超大作しか見ない、ラブコメ好き、ジャパニーズホラーマニア、フランス映画好き、インド映画好き、サメ映画好き、クソ映画マニア
    全員「映画好き」は名乗れるんだがコレ趣味合うって言えるか?

  4. 匿名 より:

    映画好きではあったけど原作好きではなかったということでしょ
    ぶっちゃけ原作読んでるとは思えん

スポンサーリンク