【次期看板】学郎と代葉のイチャイチャがマーベラス!更に2号連続センターカラーで大人気!【鵺の陰陽師 17話感想】 | めぎしす!
このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

【次期看板】学郎と代葉のイチャイチャがマーベラス!更に2号連続センターカラーで大人気!【鵺の陰陽師 17話感想】

スポンサーリンク
鵺の陰陽師 17話感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆関連記事

【熱い展開】学郎と代葉の戦いが決着!セリフや展開は素晴らしかったがやはりコマ割りが微妙で分かりづらい【鵺の陰陽師 16話感想】

2号連続センターカラー

まず初めに次回から2号連続センターカラーが決定、人気熱狂御礼だそうです。
本当に鵺の快進撃が止まりませんね!
今回はアンケも上から7番目でネットでも絶賛の嵐ですし、実際に内容も面白かった。

半分冗談で言ってた次期看板も夢じゃないかもしれない。

鵺らしさ

出典:鵺の陰陽師 17話 少年ジャンプ2023年41号


今回はまだクラスメイトたちは出てこなかったんですが、それでも久々の日常回という事で鵺らしさがたっぷりと出ていました。
特に「カーテン開けておいていいかな」からの「え・・・?近」が面白かったです。
この独特のシュールさは鵺にしか出せませんね。

また、しれっとケモ耳の幻妖キャシーが登場したり、藤野家の新キャラ匂わせがあったり、キャラが濃そうな双斧が登場したりと情報てんこ盛りの回でした。

学郎と代葉

12話で代葉が狂骨に手を握ってもらってましたが、力を充填するだけじゃなく単純に1人では怖くて眠れないという事が判明しました。
可愛いいと共に代葉がどれだけ怯えていたかがよく分かる描写でした。

出典:鵺の陰陽師 17話 少年ジャンプ2023年41号


そしてベタではありますが学郎が真顔で手を握るところが良かった。
散々言ってますけど、イチャイチャしつつも学郎の誠実さでいやらしくならないところが徹底してて素晴らしい。

また、代葉が怯えている様子を口だけで描いたり、学郎が勇気を出して代葉の声に重ねる形で一緒に寝る事を提案するところも心理描写が細かくて好き。
やっぱ色々と考えられてる作品なんですね。

そしてもうすぐ街にとんでもない事が起こって大勢死ぬというフラグが立てられてたので、次の展開も気になります。

出典:鵺の陰陽師 17話 少年ジャンプ2023年41号


代葉に着けられた枷の制御権をハゲから奪い取った鵺でしたが、吹き出しの外にしれっと書いてある「代わりに私が握ってるけど」が若干不穏でした。
わざわざこのシーンで言う必要は無い台詞なので、どうしてもこれを鵺が利用する日が来るのではないかと邪推してしまう。

流石に鵺が悪者になる事は無いにしても、まだ鵺って真の目的が明らかになってませんしやむを得ず利用みたいな展開はあり得ない話でもない。
この枷のフラグはどこかで回収されそうなので覚えておいた方が良さそう。

まとめ

今回は情報てんこ盛りで学郎と代葉のイチャイチャも良かったのでマーベラスでした。
バトル回だと微妙に感じるコマ割りもこういう回だと情報詰め込めて良いですね。


管理人
管理人

このまま全員で看板まで押し上げんぞ!



関連商品

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    ひと段落って感じの回だった
    楽しんで見てるけどラストのなんだこのオッサン!?でシリアスバトルが続きそうなのがちょっと不安…
    狂骨にも認めてもらえてるみたいでそれは良かった

    • menuguildsystem menuguildsystem より:

      基本的にはバトル物なんだと思いますよ
      ちょいちょいこういう回を挟んでくれれば私は満足です

  2. アバター 匿名 より:

    鵺さんが外出れないのに最新ゲーム持ってたりする理由が判明したりやっぱこの漫画いろいろ考えて書かれてる、そのあたりの理由スルーされるかもとも思ってた
    キャラの関係性と心理がとにかく丁寧

    カラー酷使枠に入ったけど外注らしいしまあ本編のクオリティは落ちなさそうかな?
    これを機に1,2話あたりで切った人も見るようになってほしい。真面目に1,2話のできは何だったんだ…

  3. アバター 匿名 より:

    作中でも全く触れられないせいで殆どの読者が気にしてないけど謎の柱みたいなのが街のあちこちにあるんだよな
    今まではシュール漫画と思ってたけど、想像以上に練られた作品なのか

  4. アバター 匿名 より:

    あとはコミックス売上ですね….
    火の丸相撲や夜桜さんちなんかもそうでしたが、センターカラーとって
    掲載順も高くてこれは売れそうだな!って空気だったのに
    いざ単行本発売したらまったく売れないみたいなケースもあるので

    鵺のそのケースにならないことを祈るばかり

スポンサーリンク