【つまらない理由】何故チェンソーマン2部のデンジは地獄に血の悪魔(パワー)を探しに行かないのか? | めぎしす!
このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

【つまらない理由】何故チェンソーマン2部のデンジは地獄に血の悪魔(パワー)を探しに行かないのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆関連記事

【ファミリーバーガー】ナユタに露骨な死亡フラグ 鞭と槍の武器人間も登場したがレゼとクァンシとサムライソードはお預け【チェンソーマン2部 141話感想】

パワーとの契約

出典:チェンソーマン11巻より


且つてデンジには血の魔人であるパワーというバディが居ました。
家族同然の関係でしたが最終的にはデンジを救うために死んでしまい、代わりにある契約を交わしました。

それが「地獄で蘇った血の悪魔を見つけてパワーに戻して欲しい」という物です。
この契約は1部の中でも屈指の名シーンで、個人的にはチェンソーマンで1番泣けるシーンでもありました。

だから私は2部が始まるまで血の悪魔を探しに地獄に行くのがメインになると思っていました。

探しに行く気配無し


ところが、2部のデンジは今のところ血の悪魔を探しに行く気配0。
一応パワーの存在は覚えてるようですが、落下の悪魔に地獄に落とされた時も何のリアクションもしていませんでした。

地獄に行って血の悪魔を見つける」という大きな目的があれば1本芯が通ったストーリーになると思うんですけどね・・・
まあナユタが居るから行けないって言うならそれでいいんですけど、その説明もありません。

少なくともノストラダムスの大予言とか言い出したと思ったらチェンソーマン教会とか出してきて、そこから大量のキャラ登場で何がしたいのかよく分からない現状よりはずっと良いはずだが。

まとめ

1部であれだけ感動的にやっておいて探しに行かないって結構おかしな判断だと思うんですが、タツキ先生はどういう考えなんでしょうね?



管理人
管理人

単純にやる気無くなってるだけだったら悲しい



閲覧数も単行本売上も減少


閲覧数も単行本売上も減少していました。

関連商品

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    まあナユタ見るに元になんか戻らないし会っても殺しあうだけになりそう…
    なんらかの形で再登場はするかもだけど

  2. アバター 匿名 より:

    最近のチェンソーマン見てるとデンジの物語として地獄に行く前に現実世界でまだ描かなければならないことがあるとタツキ先生が考えてるのは伝わってくる

    ただそれなら何故アサを主人公にしたのか謎だし2部のこれからの展開次第としか言えないかな

  3. アバター 匿名 より:

    メインヒロイン不在はダメなのじゃ

  4. アバター 匿名 より:

    作者ももう飽きてるんでしょう

スポンサーリンク