スポンサーリンク

【サクラレビュー・規約違反】Amazonで怪しい商品を見極める方法を紹介

通販で壊れた商品が届いた客 豆知識

楽天が色々自爆している事もあって今でも利用者ナンバーワンのAmazonですが、最近は中華業者が多すぎて安全に買い物が出来ないという声を結構聞くので、怪しい商品を避ける方法を幾つか紹介します。

1番確実な方法

1番確実で手っ取り早いのはAmazonが販売・発送している商品を買う事です。
大きく分けるとAmazonには

  • Amazonが販売・発送している商品
  • Amazon以外の出品者が販売してAmazonが発送している商品

の2つがあります。(出品者自ら発送しているパターンも少ないがある)

見分け方は簡単でカートに入れる時に
この商品は、Amazon.co.jpが販売、発送します。」と書いてあれば前者。
この商品は、○○が販売し、Amazon.co.jpが発送します。」と書いてあれば後者です。

後者はAmazonマーケットプレイス(マケプレ)と呼ばれる売り場の商品。

Amazonが販売・発送している商品を検索する方法


1.欲しい商品を検索する。


2.検索結果のURLの末尾に「&emi=AN1VRQENFRJN5」を追加する。



これでAmazonが販売・発送している商品だけが検索結果として出てくるようになります。
少なくとも怪しい商品は確実に除外できますし、万が一不良品が届いてもAmazonが対応してくれるので1番安全な買い物方法であると言えるでしょう。

しかし、当然Amazonが全ての種類の商品を販売・発送しているわけではなく、値段や機種など物足りない部分がある場合もあるでしょうから、やはりマケプレを利用する場合も出てくるでしょう。

管理人
管理人

なのでここから先はマケプレも含めてなるべく安全に買い物をする方法を紹介していきます!

レビュー分布

これは結構昔から言われている方法で、高評価・低評価レビューの割合からサクラレビューが多いかどうか判断する物です。

安全な商品の場合

星5から1にかけて徐々に割合が減っていくレビュー分布が1番安全であると言われています。
基本評価は高いけど気に入らない人はしっかり低評価を入れてるという所がミソなわけです。

サクラレビューが疑われる場合

星5があまりに多すぎたり、星5が1番多いのに星1がやたらと多かったりするレビュー分布は胡散臭いサクラレビューの可能性が高いと言われています。

簡単に言うと不自然なんですよね。

しかし、本当にサクラレビューをしている人が居るなら分布も操作出来るわけですからこれ1つでは判断出来ません。

商品画像・タイトル

Amazonはかなり規約に厳しいモールで商品画像に色々ルールがあります。
その中でも客が1番簡単に見分けられるのがサムネイルです。(サムネイルというのは検索結果に出てくる画像の事を指します。)

試しに「イヤホン」で検索すると上位の検索結果はこんな感じでした。

サムネイルにも色々ルールがあるのですが、ぱっと見で判断できる規約がこちら。(商品をクリックした後に出てくる画像はまた別の規約)

  • 背景は真っ白
  • 商品以外の文字・ロゴ・エフェクト・イラストを載せるのはNG
  • 商品に同梱されていないアクセサリーや物を載せるのもNG

変な光・電気のエフェクトとか、サムネイルに【新品先行販売】みたいな文字を入れるのはアウトなので、上位の12個中7個は規約違反という事になります。

更に商品タイトルの先頭にはメーカーまたはブランド名を入れないといけないので、いきなり【Bluetooth】とか【令和最新版】とか入ってるのもアウトなわけです。

なのでこの2つを満たしている安全な商品は12個中たったの4個という事になります。
「イヤホン」で検索して1番上に出てくる商品の内3分の2が怪しいってヤバいですよね・・・

しかも安全な商品の4個中3個はAmazonが販売・発送している商品なので、マケプレで安全なのはこの中だと1個のみ。
でもこれがAmazonの現実。

規約違反した画像やタイトルの方が目を引くし、広告費さえ払えばどんな商品でもスポンサープロダクト枠で1番上に出てきてしまうんです。
実際この記事を見ている人の中でも上で書いた規約に違反している商品を買ってしまった人は居るでしょう。

サクラチェッカー

サクラチェッカー | やらせ サクラレビューが丸わかり
サクラ・やらせレビューを除いた本当のレビュー点数が分かるサクラチェッカー。Amazonや楽天などECショップのやらせ・サクラレビューを見抜き安心なお買い物!皆が最終的に選んだ製品のランキングやレコメンドから簡単に信頼性の高い製品を選べます

最近はどんどんサクラも巧妙になっているので、どうしても不安という人はサクラチェッカーというサイトで最終確認してみるのも良いでしょう。

商品のURLを入れると色々な観点からレビューを分析して、即座にその商品のサクラ度を表示してくれるという物です。
実際、上で規約違反になってた商品は全部サクラ度が高く、規約を守っていた商品は全てサクラ度0%だったのでかなり信用出来そうです。

最後に

今回紹介したのはあくまでも怪しい商品を掴まされない方法なので、これを全部満たしたからといって必ずしも良い商品が届くというわけではありません。

逆に、怪しい商品の中に本当にいい商品がある可能性だって0では無いわけです。(規約違反&サクラレビューしてる会社の売ってる物だから大体お察しだが・・・)

便利な物にはリスクが伴うというのは正にこの事ですね。


最近のAmazonは中華業者が暴れすぎてて大分信用落としてる気がしますけど、もう安心・安全のAmazonは帰って来ないんですかね。


クリックしていただけると安心・安全のAmazonが帰ってきます。
にほんブログ村 アニメブログへ

関連商品

Anker Soundcore Liberty Air 2(完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0)【IPX5防水規格 / 最大28時間音楽再生 / ワイヤレス充電対応 / HearID機能 / Qualcomm aptX™ / cVc8.0ノイズキャンセリング / マイク内蔵 / PSE認証済 / WEB会議 / テレワーク】ブラック
Soundcore
クリアな音声通話:cVc8.0ノイズキャンセリングを搭載したマイクが周囲のノイズを除去し、通話相手はあなたの音声をより大きくクリアに聞くことが可能です。※cVc8.0ノイズキャンセリング機能は通話時のノイズを除去する機能であり、音楽を聴くときに周囲の雑音を除去するものではありません。

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    試しに『クロームキャスト』で&emi=AN1VRQENFRJN5試してみたら0だった(笑)

  2. アバター より:

    すごく助かる記事でした。Amazonってごちゃごちゃしてて、何から確認すればいいのか分からなかったんですよね……でもこれからは安心してAmazonで買い物が出来ます。本当にありがとうございました。

  3. アバター 匿名 より:

    マケプレの怪しい業者からは絶対買わないと決めている俺には隙はない。
    あみあみとかなら買うこともあるかもしれないけど。

  4. アバター 匿名 より:

    最近どこのメーカー産のだかよく分からない変な商品ばっか検索に出てきて信用ならないからAmazonから距離置いてたけどやっぱり変な業者が大量に入ってたんだ…
    安いからいいやと、適当に星信じて1、2度こういうの買ってしまった事があるけども、明らかに中古っぽかったりあまり動作安定しなかったりで、中華製品と言われると超納得した
    これは非常に為になる記事でした。そもそもこんな事覚えなくても安全に買い物出来る様にして欲しいもんだ
    Amazon自体外資だから出来ればあまり使いたくはないんだけども。他の日本の通販サイトはもっと頑張って欲しい

  5. アバター 匿名 より:

    擁護する気はないんですが、やっぱ売る側もどうしても売りたいからあの手この手使ってやるんでしょうね
    今回紹介してくれた方法もその内使えなくなるかもしれないから気をつけ続ける必要はありそうですね

    あと自分は現在失業中ですが、前の会社は中国系の通販会社にいました
    そこではAmazonでの商品も扱っていました
    なのでAmazonの配送だから保証はあっても商品がしっかりしてる保証はないかもしれません
    なにせその会社の商品もイマイチで程々安いのが売りに過ぎなかったですので