スラダン映画の事前PRの下手さは語り継がれるレベル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【一部ライン超え】兎田ぺこらの「もし犯罪をおかしてしまったら」という攻めた企画がメチャクチャ面白かった

スポンサーリンク
兎田ぺこら
スポンサーリンク

ぺこらの神企画


11月8日に兎田ぺこらが「【裁判】もしも兎田ぺこらが犯罪をおかしてしまったら・・・ぺこ!」という配信をやっていました。

これは「もしぺこらが犯罪を犯すとしたらどんな物になるか」をマネージャーやスタッフに予め考えてもらい、それを実際に法廷画家として活動している榎本よしたかさんにイラストで起こしてもらって視聴者と一緒に見る配信でした。

もしもの犯罪内容については事前にぺこらも知らず、視聴者とツッコミを入れながら最後は弁解してアンケートで有罪か無罪か決めるという物。


スポンサーリンク

感想

かなりラインを攻めた配信内容でメチャクチャ面白かったです。
ここまで大きくなったホロライブでまだこんな配信が許されるのか」と思いました。



また、他意があったかどうかは分かりませんが「暴露系になったらホロライブを首になって卒業してる」とか「これが有罪になったら配信2か月に1回とか記念ライブの前後だけしか配信しなくなっちゃいますよ」など、一部のホロメンに刺さる事も言ってました。

登録者数200万人超えてもあの配信頻度でこんな攻めた配信もするのはさすがとしか言いようが無いですし、今後もこの姿勢は貫いてほしいです。

関連商品

コメント

  1. 匿名 より:

    法廷画家の方もノリノリで気合入ったイラストなのが余計シュールで楽しかった

スポンサーリンク