スラダン映画の事前PRの下手さは語り継がれるレベル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【どうしてこうなった】最終回直前で今までの戦いが全部無かった事になるような打ち切り展開で炎上している東京卍リベンジャーズ【ソードマスターヤマト】

スポンサーリンク
打ち切りみたいな展開で炎上している東京卍リベンジャーズ
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズとは

2017年から週間少年マガジンで連載開始した和久井健先生の作品で、2021年にアニメ化した事で大流行。
2022年7月時点で累計発行部数は6500万部を突破する超人気作品です。

ひょんな事からタイムリープ能力に目覚めた主人公の花垣武道が、中学時代の彼女である橘日向が犯罪集団の東京卍會の抗争に巻き込まれ死亡したニュースを目にします。
その後色々あって彼女を救うために過去に何回もタイムリープするというストーリーです。

ヤンキー×タイムリープという珍しい組み合わせが特徴の作品。

スポンサーリンク

最終回直前の展開

2人揃ってタイムリープしたタケミっちとマイキー
出典:東京卍リベンジャーズ 277話より


橘日向を救う事に成功した武道は最終章で東京卍會の総長である佐野万次郎を救う事になるんですが、色々あって暴走した万次郎に刺されて死んでしまいます。
しかし、そこでよく分からない奇跡が起きて武道と万次郎が2人とも小学生の頃までタイムリープします。

そしてここからが酷かった・・・

最終話直前の展開
  • 小学生になった2人がもう1回最初からやり直す展開で、今まで死んだキャラがあっさり全員復活
  • 最初からやり直したので今までやってきた事は武道と万次郎の記憶以外全部無かった事になった
  • これまで276話使ってやろうとしてきた東卍作って全国制覇して解散するまでを1話で全部やっちゃう
  • 1話に全部詰め込んだから殆どのキャラが1コマ出てくるだけで喋りもしない
  • 「全てのリベンジが完結!!次号最終回!!!」



管理人
管理人

なんだこれは・・・?




あまりの駆け足展開にネット上では炎上しており、まるで打ち切りのようなので「ソードマスターヤマト」が一緒にトレンド入りする事態に。


ついでにソードマスターヤマトのトレンド入りを記念してギャグマンガ日和公式が最終話を全ページ公開していました。

感想


同じく少年マガジンで先日打ち切りのような終わり方をしたダイヤのAは作者の都合がありましたが、東リベに関しては今のところそういった話は聞こえてこないので大人の事情とかは関係なさそう。

タイムリープ物である以上今までを無かった事にするのは多少なりともあるにしても、1話で最初から最後まで全部片づけて終わりはあまりに雑過ぎます。
まさに「どうしてこうなった・・・」ってやつですね。

本当に今更な事を言ってしまうと稀咲が死んで日向を助けた時点でハッピーエンドにしてれば良かった。
最終章に入ってからは黒い衝動とか未来視とかタイムリープに加えて能力バトル要素まで入りだしてたし、正直蛇足だった気がします。


管理人
管理人

長年連載して終盤でズッコケるとダメージでかいので勘弁してほしいですね。



最終回


やはり最終回も雑でした。

関連商品

コメント

  1. 匿名 より:

    まぁ夢(妄想)落ちという事を大先輩がやってますからね・・・(○京○学物語)

スポンサーリンク