秋アニメはどうなるのやら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【BGMに違和感】SPY×FAMILY(スパイファミリー)第2話を見た感想

SPY×FAMILY2話感想 アニメ


スポンサーリンク

アニメ2話の感想

感想は第1話だけにしとこうかなと思ってたんですが、2話を見たらどうしても気になった点があってそれに触れてる人が少なかったので記事を書きたくなってしまいました。

まず微妙だと思ってた1話と比べると面白くなったと思います。
相変わらず原作の2話と全く同じところまでやってましたが、1話と比べるとそんな詰め込んでるようには見えませんでしたし、ヨルが登場してキャラが揃いストーリーの方向性がハッキリ分かって良かったです。

とはいえ、絶対的な評価としてはまだそんなに面白くなく上げまくったハードルよりは大分下なんですけどね。

スポンサーリンク

BGMに違和感

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

2話も相変わらず作画と演技は良かったのですが、BGMの使い方にかなり違和感を覚えました。
まず1話と同じくBGM無しの無音状態のシーンがやけに長い。
もちろん演出でやってるんでしょうけど「何でこんなに無音が続くの?」と純粋に思ってしまいました。

また、BGMがシーンとマッチしてないところがあるなとも感じました。
特にそう感じたのがロイドとヨルが路地裏で密輸組織と戦ってるシーンで、如何にもステルスしてる時に流れてそうな抑揚のないBGMを流しながら戦ってたので全然盛り上がりませんでした。

更に同じBGMを2回も無音のシーンで区切って流してたのにはズッコケてしまい、何かのミスかと思ったぐらいです。
どういう演出プランなのか私には理解しかねます。

まとめ

とにかく音響関係の違和感がすごい。
アニメでBGMに違和感覚える事があまり無いのでスパイファミリーの音響は相当尖った演出をしてるんだと勝手に思ってるんですが、冒頭で書いた通りBGMにツッコミ入れてる人が殆ど居ないという事は違和感無い人が圧倒的多数なのでしょう。

2話を見てどう思ったか感想貰えると嬉しいです。

関連商品

コメント

スポンサーリンク