このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

【ジャンプ史上トップクラス】最近のサカモトデイズの戦闘アクションが上手すぎてアニメ化のハードルがどんどん上がっていく【画力】

スポンサーリンク
SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆関連記事

【ネタバレ注意】絶好調のサカモトデイズがヘイトキャラの京(かなぐり)を引っ張りすぎてて人気が落ちないかどうか心配【怪獣9号】

サカモトデイズとは

改めての紹介になるんですが、サカモトデイズは2020年11月21日発売の51号からスタートした作品で作者は今回が初連載の鈴木祐斗先生。
鈴木先生は東京藝術大学の出身で、ずば抜けた画力から生み出されるド迫力のアクションがサカモトデイズの魅力です。


そのアクションで徐々に人気が出てきて、知名度や売り上げではまだまだ敵わないもののアンケでは既にワンピース・ヒロアカ・呪術などと肩を並べるぐらいの強さを誇っています。

そしてかく言う私も激推しの作品で上記の3作品が終わったら次の看板はサカモトデイズしかないと思っています。(ただしアクションすげえしか言えないので記事は毎週書かない)

異次元のアクション

出典:SAKAMOTO DAYS 113話 少年ジャンプ2023年18号より


そんなサカモトデイズなんですが、元から上手かったアクション描写が更に上手くなっておりもうジャンプ史上トップクラスの上手さと言っても過言ではないレベルにまで達しています。

特に構図と背景や物の活かし方が上手すぎて、漫画なんですけど動いてるアクション映画を見てるような気分。
冷静になって見返すとちょいちょいおかしな部分があるんですけど、上手すぎて気になりません。

アニメ化のハードル

しかし、あまりにも原作のアクションが上手すぎるがゆえにどんどんアニメ化のハードルが上がっている気もします。
上でも書いたように漫画の時点で動いているかのような異次元アクションを繰り広げているので、生半可なアニメ化をすると「原作の方が動いてた」と言われかねません。

面白さもアンケの強さも十二分で後はアニメ化で知名度を上げるだけなのに、鈴木先生が上手くなればなるほどハードルが上がるというジレンマ。

サカモトデイズのアニメ化は次期看板の命運がかかっているような物なので、「ショボい会社が元請になりました・独占配信で知名度無し」みたいな事にならないよう祈ってます。


管理人
管理人

ちなみに私は制作会社はボンズが最適だと思ってます



引き伸ばし

【さすがに引き伸ばしでは?】長い過去編が遂に終わったが結局スラーの謎も赤尾リオンが死んだ理由も分からずじまい【サカモトデイズ 120話感想】
◆関連記事 【ジャンプ史上トップクラス】最近のサカモトデイズの戦闘アクションが上手すぎてアニメ化のハードルがどんどん上がっていく【画力】 過去編 次のジャンプ看板候補であるサカモトデイズが2023年2月20日~2023年5月29日まで3カ月...


さすがに引き伸ばしに感じた展開がありました。

関連商品

menu

2次元全般が好きな所謂オタク。
vtuber・漫画・アニメ・ゲーム・映画など幅広い話題を取り扱っていて、自分の正直な感想を発信する事がモットーです。
Xもやっています。「@menuguildsystem」

↓↓↓管理人のTwitterをフォローする↓↓↓
スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画
↓↓↓ この記事をシェアする ↓↓↓
スポンサーリンク

コメント

  1. アバター よすおお より:

    安西先生痩せた?

  2. アバター 匿名 より:

    チェンソーもそうだったけどこれも背景の力なだけな気がする

  3. アバター 匿名 より:

    持ち上げすぎかな…現在のジャンプでは画力高いが、ジャンプ史上でならそうでもないと思う

    • menu menuguildsystem より:

      線は多少荒いと思う事もありますが構図やコマ割りは本当に史上最高クラスだと思ってます

  4. アバター 匿名 より:

    個人的にジャンプで戦闘シーンの構図やコマ割りうまかったのはNARUTOの作者かな

  5. アバター なみ樢 より:

    やっぱり設定が浅くてキッズ向けだと思う

スポンサーリンク