【金曜の看板になれ】プロの監修が付いてから一気に面白くなり作画も気合い入ってて絶好調の「バンオウ」 | めぎしす!
このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

【金曜の看板になれ】プロの監修が付いてから一気に面白くなり作画も気合い入ってて絶好調の「バンオウ」

スポンサーリンク
ジャンププラスのバンオウ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆関連記事

【期待作】ジャンププラス金曜日の新連載「バンオウ」が結構面白い【ヒカルの碁】

「バンオウ」とは

[1話]バンオウ-盤王- - 綿引智也/春夏冬画楽 | 少年ジャンプ+
現代の最強棋士たちに挑むのは悠久の時を生きるしがないヴァンパイア!?天才棋士VS悠久の凡才!反逆の棋戦ドラマ活劇新連載!!


2022年12月16日からジャンププラス金曜でスタートした作品で原作は「綿引智也」先生、作画は「春夏冬画楽」先生が担当しています。
今の金曜日では怪獣8号に次ぐ2番手の閲覧数ですが、ジャンププラスには珍しくコメント欄は絶賛の嵐で批判コメントは殆どありません。


ただ、閲覧数はまあまあなんですが単行本は全く売れていませんでした。

プロの監修

そんなバンオウですが、今まで監修が付いておらず肝心の対戦内容がぼんやりしていました。
読みが強い・粘り強い・大胆とかそういう言葉でざっくり説明するだけで、どう指しているかあまり描かなかったので説得力が無いのが弱点でした。


しかし、31話から監修に梶浦宏孝棋士が付くようになり対戦内容が一気に具体的になりました。
まあ正直将棋をやってない身からすれば分からないのは同じなんですけど、盤面の状況や指してる手を描くようになった事で説得力が増しました。

バンオウに決定的に足りてなかった部分の1つでもあったので、これはかなりデカいと思います。

作画

1話はすごく画がキレイだったのに、一時期作画のクオリティが下がりキャラが生気を失った顔になっていた事がありました。

出典:バンオウ-盤王-34話 少年ジャンプ+より


しかし、最近は展開の盛り上がりに合わせるように作画もメチャクチャ気合いが入っており、画だけでも魅せられる作品になっていると思います。
特に決めゴマの迫力は圧巻で、この作画によってより熱い作品に仕上がっていると思います。

まとめ

一時期は微妙だと思った事もありましたけど、最近はすごく面白いので頑張って金曜の看板になってほしいです。
というか、圧倒的な知名度不足で閲覧数が少ないだけで面白さなら既に金曜の看板だと思います。(次に面白いのはスケルトンダブル)


管理人
管理人

まだまだ続きそうだし今後にも期待



関連商品

コメント

スポンサーリンク