【地味】ジャンプの新連載『アスミカケル』が色々とぶん投げ32話で打ち切りに | めぎしす!
このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

【地味】ジャンプの新連載『アスミカケル』が色々とぶん投げ32話で打ち切りに

スポンサーリンク
アスミカケル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆関連記事

【完璧な1話】「火ノ丸相撲」の川田先生の新連載「アスミカケル」がジャンプ漫画としてお手本のような内容で面白かった

『アスミカケル』とは

2023年6月19日発売のジャンプ29号からスタートした作品で、作者は『火ノ丸相撲』でお馴染みの「川田」先生。
1話はお手本のような内容で正統派の格闘マンガという事で評判は結構良かったんですが、リアル路線でジャンプとしては地味な内容でどんどんアンケ順位は下がっていました。

32話で打ち切り

32話で打ち切りになったアスミカケル
出典:アスミカケル 最終回 少年ジャンプ2024年11号


そんなアスミカケルが32話で打ち切りとなりました。
途中で出て来たライバルや仲間たちは全てぶん投げ、ラスボスの兄貴の過去を掘り下げて主人公の二兎と試合開始!で終わり。
キレイな「俺たたエンド」でした。

打ち切りの原因


過去の記事でも書きましたが、やはり全体的に地味すぎた。
リアル格闘マンガとしては決してつまらない訳では無かったものの、ジャンプ作品として見ると派手な必殺技も無いしキャラたちもリアルに居そうなビジュアルばっかり。

ジャンプではなく青年誌向けの作品だったかなって思いました。

まとめ

打ち切りだとは思ってましたが、もう少し続きそうだったので急に終わってびっくりしました。
やはりジャンプは過去に連載していた先生でも容赦ないですね。



管理人
管理人

次はツーオンアイスかな



関連商品

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    その次はグリーングリーンか累々かな

  2. アバター 匿名 より:

    新連載2本だから来週また何か終わるってことはない
    そうなると魔々勇々カグラバチはしばらく安心して連載できそう

  3. アバター 匿名 より:

    過剰outも過去何回もあったんやしツーオンもついでに処刑されるかもなァ

  4. アバター 匿名 より:

    青年誌だとしても地味すぎて無理だわ
    最近ヤンジャン・ヤンマガがスポーツ漫画増えてるけどキャラはみんなアスミより立ってる

    • menuguildsystem menuguildsystem より:

      青年誌の知識はほぼ皆無なんですがそうなんですね
      だとしたら余計にジャンプで連載したのが謎過ぎますね

スポンサーリンク