スポンサーリンク

【衰退の歴史】vtuberグループの”アイドル部”1期生が全員卒業 5名は活動継続も実質解散

アイドル部解散 vtuber

ひと昔前はにじさんじやホロライブについで人気だった.LIVEのvtuberグループのアイドル部。
そんなアイドル部の1期生が4月末日で全員卒業する事になりました。

全員卒業

4月19日に.LIVEの公式twitterより、アイドル部1期生が4月末日で全員卒業する事が発表されました。

花京院ちえり、神楽すず、カルロ・ピノ、もこ田めめめ、ヤマト イオリの5名はアイドル部を卒業するものの引き続き活動は継続。
牛巻りこ、木曽あずき、北上双葉、金剛いろは、八重沢なとりの5名は契約満了で引退となります。

夜桜たまや猫乃木もちと違い契約満了による引退となるので、何か問題があったわけではなく単純に潮時だと思ったのでしょう。
牛巻、木曽などに関しては大分前から実質引退状態でしたしね。

アイドル1期生とは言っているものの現在2期生以降は存在せず、全員が卒業する形となるので実質解散という形になります。
これを機に2期生募集という可能性も無くはないですが、1期生も決して調子がいいとは言えなかったので現実的では無さそう。

夜桜たまの存在

夜桜たま

アイドル部と言えば必ず話題になるのが夜桜たまの存在。
詳しくは「夜桜たま 炎上」とかでググってもらえば幾らでも出てきますが、簡単に説明すると夜桜たまが運営に対しての愚痴を言った結果、契約解除され運営だけでなく他のメンバーも攻撃される大炎上へと発展した事件です。

ちなみに、夜桜たまは楠栞桜(くすのきしお)へと転生しそっちでもまた大炎上して無期限休止状態なのですが、そっちは調べてください。(まとめのコメントでよく出てくる”塩”というのは楠栞桜の事です)

この事件のせいでアイドル部の登録者は激減し勢いが落ちたのも確かですが、これの前にもアイドル部の人気が衰える事件がありました。

モンペ騒動

ばあちゃる

アイドル部のイベント「ちえりーらんど」に神楽めあと犬山たまきの出演が決定した時に、この2人は汚れなので「アイドル部とこんな奴らを絡ませるな!」と激怒するファンが居ました。

それに対して.LIVE所属の自称世界初の男性vtuberであるばあちゃるが「推している子のために言ってるとしたらそれは間違い。モンスターペアレンツなのかな」という発言をして大炎上。
ばあちゃるは活動自粛となり、アイドル部のファンたちは内部抗争を繰り広げ、嫌気がさした人たちが離脱していくという事態になりました。

現実

夜桜たまさえ居なければ今頃アイドル部が覇権だったかもしれないのに!



という意見がありますけど、モンペ事件の時点で既にガタガタになっており再生数や登録者数の伸びでもにじさんじにかなり離されていた印象なので、仮にあの人がやらかさなくても徐々に衰退していっていずれはこのような形になっていた気がします。

結局グループは運営が駄目だと何をやっても駄目
これに尽きるでしょう。
最近の運営がどうなってるのかは知らないですけど、離れて行った人は戻ってこないでしょうし2期生とかは無いんじゃないでしょうか。

最近は結構有名な人が引退するようになってきて、ますます一極化が進むのかなあと思いました。

関連商品

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    モンペ事件よりもさらに前のころしか知らないけど
    アイドルとして売り出した結果、神経質な信者を大量に生産したところに、挙動不審な運営を連発して常に内部抗争していた
    ある程度まともに運営できてた最初の二人でやってた頃が全盛期だったように感じる

  2. アバター 匿名 より:

    運営が悪いといわれればそうだけど、アイドルを名乗る割には現実のノウハウを無視してるように思うな。
    だって、アイドルが皆聖人君子なわけないもの、性格が絶望的に悪い人も居るし口が軽い人も居るわけで。
    それを代償にしても魅力がある人を採用してるのが現実だけど、それが判断しにくいのがVなわけで。

    問題が起こっても、イメージを維持する方法を長年考察研究してる業界じゃなく、新規的な立ち回りだったのも、Vに最終的に確固たる意識を持つ人がまちまちだったのも複合的な原因は有ると思う。
    結局は、世間のレッテルを覆せなかったのが衰退した原因だと思う。

  3. アバター 匿名 より:

    コラボに制限が大きくて初期の数字伸ばせそうな時期に機会を逃したこと
    運営が忙しかったのか、各メンバーのフォローが出来なくて不満が溜まっていたこと
    メンバーを追加したり入れ替えたりしやすい構成じゃなかったので先細りしたこと
    新しい視聴者を増やせなかった事により、古参の厄介ファンが幅を利かせていたこと
    馬が物言う系である程度の人気があったのに、叩かれた後に逃げて帰ってこなかったこと
    バーチャルYouTuber四天王の一角だった電脳少女シロの存在感が減っていること

  4. アバター 名無し より:

    個人的に運営はともかく、なとりは色々頑張ってたの分かってたから、今後も違う形で活躍してほしいとは思った
    歌といいイラストといい耐久といい色々こなそうとする姿は面白かったし癒やされたんだけどな

    あとにじさんじは既にだけど、ホロライブの海外グループもヤバい感じだね
    ただし、サメは除く