スポンサーリンク

【まさかのダイジェスト】約束のネバーランド2期の最終回がひどい!【炎上】

大人になったエマたち アニメ

カットのしすぎで炎上する程酷い出来だったアニメ「約束のネバーランド2期」。
その2期が遂に最終回を迎えましたが、今までが可愛く見えるほどの酷い出来でした。

2期の酷い所

過去の記事を見てもらうと分かりますが、約ネバ2期は原作から大幅にカットして無理やり話を畳もうとする展開が続いていました。
人気があるGP編をカットしたり、苦労して手に入れる情報をご都合主義で手に入れたり・・・

とにかく大まかに原作の流れだけなぞって適当に終わらせる気が伝わってくる酷い出来だったわけです。

最終回の原作と違う所

©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

カットしまくってきたツケで最終回も原作とかなり違う展開になっていました。
大きく違う点はこちら。

  • あの方と約束を結ぶ前に子供たちは人間界へ行けた
  • ママが生きたまま子供たちと一緒に人間界へ行く
  • エマ・レイ・ノーマンとラムダ組は鬼の世界に残る

原作でママが死んだところは無理やり感があったので生きてるのはむしろ良いですし、数人が鬼の世界に残るのもまだ分かるとして、約束も結ばずにあっさりと人間界に行けてしまったのは肩透かしでした。

そんな簡単に行けるならもう過去に誰かが行ってそうですし、食用児達がすんなり人間界に受け入れられてるのも疑問。

ダイジェスト

©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

まあ正直原作との違いとかはもはやどうでもよくて、最終回で1番やばかったのはこれです。

  • 人間界に行った後の食用児たちの生活
  • 残ったエマたちの旅の様子
  • あの方との約束
  • 鬼の王族との戦い
  • ムジカが王になる場面、エマとの別れのシーン

これらの重要シーンがなんと全て静止画のダイジェスト!
台詞すらなく、ひたすら同じBGMをかけて画像を切り替えるだけ。
そして最後は何のひねりも無くエマたちが人間界に来て、先に来てた食用児達と再会しておしまい。

ここまでの手抜き最終回は久々に見たので、逆に清々しさすら感じました。

特にあの方との約束をダイジェストにしたのが1番の驚きでした。
だって、あの方との「約束」はタイトルの由来にもなってますからね。
そこ端折ったらもう約束のネバーランドですらなくなりますよ。

©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会


それに、原作ではかなり尺を使った王族との戦いが画像2枚で終わらされたのもかなりの衝撃。
こんな事になるなら、むしろあの方も女王も出さない方が良かった。
何なら、ムジカもソンジュも要らなかった。
いや、そもそも鬼の存在自体・・・

どうしてこうなった

詳しい事情は制作側にしか分かりませんが、3期を作れるほどの余裕が無かったんでしょうね。
そうじゃなければこんな無理やり畳んだりはしない筈ですし、制作側も叩かれるの分かってて仕方なく作ってるんでしょう。
ただし、原作が終わって旬が過ぎたとはいえ実写化もしてましたし、そこまで失速してたとも思えないので、何故わざわざ2期を作ってこんな事になったのかは謎。

知名度のある作品でもこんな酷い仕打ちを受けるのがアニメ業界の怖い所です。

正直私は原作も惰性で読んでただけであまり好きでは無かったのですが、これはさすがに可哀そうだなあと思いました。
原作を読んでもらうための炎上商法にしても酷すぎる。
マジでヌルリンとか何だったんだ・・・

管理人
管理人

原作そのままのアニメを見たい人は、忘れた頃にリメイクされる事を祈るしかない

関連商品

コメント

  1. 名無しのアークス より:

    結構気に入ってる作品が、アニメ化で謎の改悪をされるのは何度体験してもきついですね。
    制作してる側に何も思い入れみたいなのが無いんでしょう

    • menuguildsystem menuguildsystem より:

      制作というよりは企画とかスポンサーとかの人たちじゃないですかね。
      多分作ってる人たちは仕方なくこうしてそうな気がします。

  2. 匿名 より:

    原作者の意向と聞いたけど…シリーズ構成してたし

  3. おてごろマック より:

    呪術廻戦は二十何話までいって映画化もするのに、この差はなんなのか