【1話切り】いきなり脈絡のないアカギやカイジのパロディネタを連発してて不快だったクソアニメ『ぽんのみち』感想 | めぎしす!
このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

【1話切り】いきなり脈絡のないアカギやカイジのパロディネタを連発してて不快だったクソアニメ『ぽんのみち』感想

スポンサーリンク
ぽんのみち
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆関連記事

【1話切り】100万回は見たようなありきたり設定でぶつ切りエンドだった炎上アニメ『俺だけレベルアップな件』【反日】

『ぽんのみち』とは

『ぽんのみち』は2024年1月から放送されている完全新作オリジナルアニメで、『戦隊大失格』『五等分の花嫁』の作者「春場ねぎ」先生がキャラクター原案、『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』で注目を集めた南川達馬さんが監督・脚本を務めています。
制作はポケモンでお馴染みのOLM。

以下あらすじ。

のんびり、ゆったり、ほんわかする。
彼女たちの日常は「楽しい」を伝えてくれます。
尾道で楽しく暮らす女子高生たちの日常を描く本作の監督・構成・脚本を務めるのは、TVアニメ 「炎炎ノ消防隊弐ノ章」、 TVアニメ 「波よ聞いてくれ」 など、緻密なフィルム作りに定評のある南川達馬。キャラクター原案は、 「五等分の花嫁」 がシリーズ累計発行部数2,000万部突破となった春場ねぎ。
春場がオリジナルアニメでキャラクター原案を手がけるのは、今回が初となる。
制作は「ポケットモンスター」シリーズや「妖怪ウォッチ」のOLMが担当。
広島県尾道市の風情ある街並みや由緒ある神社仏閣、 美しい海、 豊かな自然を舞台に、キャラクターたちのゆっくりと、 だけどきらきら輝く日々がはじまります。

出典:https://ponnomichi-pr.com/story


1話切り


そんな『ぽんのみち』でしたが残念ながらクソアニメだったので1話切りしました。
切った理由はただ1つ、いきなり脈絡のないアカギやカイジのパロディネタを連発した事です。

そもそも最初は麻雀のルールすら分からない主人公たちに教えるターンなのに、そこでいきなりパロディ連発とか意味が分からない。
せめてパロディやるにしても一旦麻雀を教え終わってからやるべきだし、1話でパロディとか要らない。
あと脈絡のないぶち込まれ方しても全く笑えないし、アカギだけならまだしもカイジとか麻雀すら関係無い。

オリジナルアニメ1話でこれだけパロディ連発は「他の作品に頼らないと話作れません」と言ってるような物なんですが、制作陣は恥ずかしくないんですかね?
見ていて不愉快だったので15分でギブアップ。

まとめ

この顔ぶれでクソみたいなパロディ合戦が始まってびっくりしました。
胸がデカい女の子たちが麻雀してるだけで楽しめる人向けですが、それなら咲でよくね?って思ってしまう。


管理人
管理人

今のところ今期の新アニメがクソばっかりで世も末



関連商品

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    カイジも一応「17歩」っていう変則麻雀バトルがあってぇ…

  2. アバター 匿名 より:

    なろう系クソアニメもそうだけど、パロディー連発するの多すぎなんだよな

  3. アバター 匿名 より:

    パロディーひでぇて思いながら公式にリンク貼ってある原作1話読んだら全然違って草。
    アニメは悪のりし過ぎだなー。

  4. アバター むとよや より:

    かわいい女の子ゆるく麻雀するのならまあまだよい。(麻雀部分が手抜きでも)
    パロディばかりやるならまあそれでも良い。
    だがもう2~3話目からは冒頭にパロ(というレベルでもない)ネタをやって後はずっとなんかだべってたり何かを料理したり食べたりばかり
    日常系がやりたければ麻雀なんかいらん
    女の子が雀荘で麻雀する日常などない。

スポンサーリンク