スラダン映画の事前PRの下手さは語り継がれるレベル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【サイコパス】ジャンププラスの新連載「僕の武器は攻撃力1の針しかない」の7話で主人公の倫理観がぶっ壊れている事が話題になってしまう!【なろう系】

スポンサーリンク
僕の武器は攻撃力1の針しかないのサイコパス主人公
スポンサーリンク

僕の武器は攻撃力1の針しかないとは

[第1話]僕の武器は攻撃力1の針しかない - 上之心々/ナベツヨ | 少年ジャンプ+
攻撃力・防御力・魔力なしのマヌル。無力ながらもアイテムを駆使し、勇者率いるパーティを支えてきた。しかし突如パーティから追放されてしまう。路頭に迷う中、マヌルは伝説級の武器と出会うが――…!?

ジャンププラスで2022年9月11日に連載開始した作品で、作画はナベツヨ先生、原作は上之心ヶ先生が担当しています。
隔週日曜日更新の作品でインディーズ連載枠(ジャンプルーキー!内で連載争奪ランキングで人気を得た作品)でもあります。

ある日勇者のパーティーから突然クビにされた主人公のマヌルが悪徳商人に騙され攻撃力1で装備解除もできない呪いの針を装備してしまうという、ベタベタのなろう系作品です。

スポンサーリンク

7話のサイコパス展開

インディーズの頃の話を既に読んでいたファンたちが「ただのなろう系とは一味違う」と言っていたので惰性で読んでいたら、7話でマヌルがとんでもないサイコパスになってしまいました。

ここまでの展開

森で魔物に襲われたマヌルが偶然知り合ったサンドラに助けてもらう

サンドラは王国最強のパーティーの一員で侵攻してきた魔王軍と戦う事になる

魔王軍の幹部にサンドラ含め3人が殺される

マヌルが「君は正当防衛だし悪くないよ」と言って魔王軍の幹部にパンを差し出す


何故か魔王軍の幹部がマヌルに惚れる

魔王軍を正当防衛だと言ってしまうマヌル
出典:僕の武器は攻撃力1の針しかない7話 少年ジャンプ+より


本当にこれを見た時はびっくりしました。

サンドラ含むパーティーが極悪非道な奴らならまだしも、ここまでの描写を見る限り完全に良い人たちだったのでそいつらを殺した魔王軍の幹部に笑顔でパンを差し出すマヌルは完全にサイコパスでした。
そのくせ辛うじて生き残ってる1人は助けようとしてるし意味が分かりません。

ギャグで狙ってやってるようにも見えませんし、ここまでナチュラルに狂ってる主人公は中々お目にかかれません。
酷すぎて1周回ってちょっと面白いパターン。

あと「ただのなろう系とは一味違う」とファンたちは言うんですが、今のところマヌルがサイコパスなところを除くと徹頭徹尾テンプレなろう系ですしストーリーもすごく浅いです。


多重人格彼女もそうでしたが、インディーズ連載枠は本当に酷い。
酷すぎて笑えて来るぐらいの価値しか無いです。
しかも作画と原作が分かれててこのクオリティというのが逆に衝撃。


管理人
管理人

もう少しまともな話にできないのか・・・?



追記


収まるどころか13話で更にサイコパスっぷりが加速してしまいました。

関連商品

コメント

  1. 通りすがりのさうざぁ より:

    針太郎物語は本当に酷い。。。
    あそこまでサイコパスは一周回ってボボボーボ・ボーボボの世界かと思ったわ
    まだボーボボの方が倫理観はしっかりしてた気がする。。。

    インディーズはピンキリすぎて難しいですね

  2. 匿名 より:

    記事にも書いてあったが、一周回って面白い。
    なろう系というより太郎系、元祖であるス○ホ太郎なみに「はぁ?」てなる。
    毎週ツッコミどころ満載で楽しい。

  3. 聖亭さぅざぁ より:

    なるほど。太郎系ですね。
    今週もツッコミどころ満載でしたね。
    サイコパス針太郎に憧れる勇者って。。。

    逆になにがどうしたらこんなストーリーが書けるのか一周回って面白いかもですね。。

スポンサーリンク