【炎上商法】個人vtuber「神薔薇あむ」が「因幡はねる」に嫌がらせのようなリプをして叩かれまくり所属グループが謝罪!後に本人も謝罪へ | めぎしす!
このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

【炎上商法】個人vtuber「神薔薇あむ」が「因幡はねる」に嫌がらせのようなリプをして叩かれまくり所属グループが謝罪!後に本人も謝罪へ

スポンサーリンク
炎上
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆関連記事

【正体はクライン】「〇日後に正体を明かす有名活動者」、約束の日時に歌ってみたを投稿するだけで生放送を更に引っ張り叩かれまくる【炎上商法】

経緯







経緯

ななしいんくの「因幡はねる」が「文字だけの画像で謝罪に見せかけて実はネタみたいなのトラウマだからほんとにやめてほしい」と発言

個人vtuber「神薔薇あむ」が直前にそのネタをやってたのでリプで本人に送り付け「対戦よろしくお願いします!!!!」と発言、その後改めてリプを貼り付けて「対戦申し込んできた」とアピール

失礼すぎると叩かれまくって炎上する

所属グループ「こんびにえんす総本店」が謝罪しグループの活動休止を発表、神薔薇あむとは連絡が取れていない状態


経緯はこんな感じです。
なお、こんびにえんす総本店を立ち上げたのが神薔薇あむなのですが、謝罪ポストは残りの4名が発信してるらしい。(真偽不明

感想

まずつまらないのが致命的すぎる。
やってる事がイキリ中学生みたいで痛いし、見ず知らずの相手が嫌だと言ってる事をやってプロレス気取ってるのがあまりに失礼。

それに本人がダンマリでグループが先に謝罪するという対応の仕方もヘイトを高めるだけで悪手。
わざとやってる炎上商法だとしても、賛否両論ではなく否しかない物は長い目で見るとマイナス。

というわけで、ケンカを売る事がエンタメだと思ってる才能の無い痛々しい個人vtuberの哀れな炎上商法でした。


管理人
管理人

話題になれて良かったね



謝罪



グループが謝罪した後に謝罪していました。
イキってケンカをふっかけた挙句に謝罪するという1番ダサいパターン。
この人は一体何歳なのだろうか?
なお、因幡はねるに直接謝罪はしてないみたいです。

関連商品

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    アイタタタタ…
    本人はこれが面白いと思ってて「これでコラボとかしてもらえるかも…!」なんて夢広がってたんだろうなってイキりっぷり

  2. アバター 匿名 より:

    つまんねーオタクのワルノリって感じ
    「ネタバレやめてね!」に大して「ネタバレすると◯◯だよ」ってコメするようなモン

  3. アバター 匿名 より:

    11月中旬位にVTAを受けようと思っていたと呟いてた方ですね。
    サブカル系というか斜に構えた配信者に憧れがありそうな印象。

  4. アバター 匿名 より:

    元凶の元凶はこの個人Vだけど、その後で因幡はねるのがん治療に無理矢理絡めて闘病してる患者に失礼みたいな無理のある擁護した奴と、それに批判の引ツイする中ではねるとこのVの関係性に憶測で物言った奴が現れてそれにはねる本人がクレーム入れて騒ぎが大きくなったのが今回なのでちょっと間の経緯が抜けてる

    • アバター 匿名 より:

      はねるって人がいきなり煽り運転くそグルマに絡まれて
      「煽ってる方にも人権あるんですよ!?」って言い出すやつまで出てきて
      収集つかなくなったみたいな…

  5. アバター 匿名 より:

    リスポン出身者は底辺の嫉妬には慣れてるからな

  6. アバター 匿名 より:

    つまらない上に因幡の現状的に結構ライン超えてて酷いなあ
    本人も不快に思うのはそうだし周囲ですら不快に感じるって下の下だねえ

  7. アバター 匿名 より:

    押すなよ、絶対に押すなよ!みたいなフリだとでも思ったか?
    所属グループの活動がはじまった大事な期間でこのやらかしは致命的だわ

  8. アバター 匿名 より:

    元ツイ消えてるから「文字だけの画像で謝罪に見せかけて実はネタ」てのがイマイチどんななのか分からん
    因幡宛に謝罪してる風釣り画像ってことか?

    • アバター 匿名 より:

      はねる全然関係ない「謝罪 これからちゃんとお風呂に入ります」みたいな
      自分の持ちネタ100%だった気がする

  9. アバター 匿名 より:

    経緯見たけど、神薔薇が一番悪いというか滑っただけだけど、全く関係ない今話題になってない因幡はねるの病気に絡めてはねるにストレスを掛けるなって騒いだ馬鹿が同じくらい悪いだろコレ。そのバカが騒がなければスルーして終わりの事例だったろうし

スポンサーリンク