パリピ孔明は話によって当たり外れが激しい
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【多分打ち切り】アンケのドベ組から脱出できない「アヤシモン」「守れ!しゅごまる」「ドロンドロロン」

打ち切りになりそうなアヤシモン、ドロンドロロン、守れ!しゅごまる 漫画
スポンサーリンク

アンケのドベ組

少年ジャンプでほぼ同じ時期に始まった新連載「アヤシモン」「ドロンドロロン」「守れ!しゅごまる」。
しかし、その3作品が早くもアンケのドベ組常連となっておりそこから抜け出す気配も無く打ち切りの気配が漂っています。

ちなみに、直近3週のそれぞれのアンケ順位がこちら。

作品名14号の順位15号の順位16号の順位
アヤシモンワースト2ワースト2ワースト3
守れ!しゅごまるワースト1ワースト4ワースト1
ドロンドロロンワースト3ワースト1ワースト2

これは酷い・・・
もっと遡れば多少上がってる時はありますが、大体いつもドベ付近です。

スポンサーリンク

アヤシモン

11月15日発売のジャンプ2021年50号からスタートした作品で、作者は地獄楽で有名な賀来ゆうじ先生。
新宿歌舞伎町を舞台に、主人公のマルオがヒロインのウララと共に妖し者が仕切る裏社会でバトルするストーリーです。

出典:アヤシモン 1話 少年ジャンプ2021年50号


アンケの順位が低い理由は主人公の魅力が足りないからだと思ってます。
作中でも言われちゃってるんですが主人公のマルオはモブ顔です。
しかも戦う理由は漫画のようなバトルをしてみたいという幼稚な物で、おまけに戦闘方法も素手のみ。

映える要素0の主人公で何故こんな設定にしたのか謎過ぎる。
また、画もあまり迫力が無くてストーリーもテンポが悪いし引きも弱いし、マルオと同じくモブのような作品。

守れ!しゅごまる

アヤシモンの次週からスタートした作品で、作者は恋するワンピースというワンピースのスピンオフギャグ漫画を描いていた伊原大貴先生。
ヒロインで財閥のさなぎをボディーガードのしゅごまるが守るという設定がありますが、実質ギャグ漫画です。

出典:守って!しゅごまる 1話 少年ジャンプ2021年51号


アンケの順位が低い理由は単純にギャグがつまらないからだと思います。
ギャグの面白さというのは完全に人によると思いますが、ずっとアンケが悪いって事はつまらないと思ってる人が多いという事なのでしょう。
あと単純に画力も低い。

ただ、ジャンプにおいてギャグ漫画はアンケが悪くても生き残る傾向にある気がするので、存続という意味では今回の3作品の中では1番希望がありそう。

ドロンドロロン

しゅごまるの次週から始まった作品で、作者は2017年に一瞬で打ち切りとなったゴーレムハーツを描いていた大須賀玄先生。
モノノケに両親を殺されたドラと人間に友好的なモノノケのクサナギのコンビがバトルをするストーリーです。

出典:ドロンドロロン 1話 少年ジャンプ2021年52号

アンケの順位が低い理由は画力が今一つな点とストーリーがあまりにテンプレすぎる事だと思ってます。

画力は1話と比べると良くなってきているものの、やはり他の連載陣と比べるとかなり見劣りしてしまう。
また、ストーリーは全編通して100万回見たような展開がひたすら続くので退屈。
すごくポジティブに言うと王道ですが、悪く言うと個性0でこの作品である必要が無い。

まとめ

ドクターストーンが終わりヒロアカももうすぐ終わりで、ただでさえ今のジャンプはヤバいってのに新連載が軒並み打ち切り候補。
本当に大丈夫かジャンプは?

関連商品

コメント

スポンサーリンク