このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

【微妙】作画も演出も微妙でテンポも悪くストーリーや設定も平凡なので、正直あまり盛り上がらなかったアニメ「地獄楽」1話の感想【MAPPA】

スポンサーリンク
アニメ「地獄楽」1話感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク


\TRY NOW!/



地獄楽とは

少年ジャンププラスで2018年~2021年まで連載されていた賀来ゆうじ先生の漫画を原作としたアニメ。
制作はMAPPAで原作も根強い人気を誇っていたので今期注目のアニメでした。

以下あらすじ。

時は江戸時代末期。抜け忍として囚われ死罪人となった元・石隠れ最強の忍“画眉丸”は、極楽浄土と噂される島から「不老不死の仙薬」を持ち帰れば無罪放免となれることを告げられる。

画眉丸は最愛の妻と再会するため、打ち首執行人“山田浅ェ門佐切”とともに仙薬があるという島へ向かうことに。

島に上陸した画眉丸と佐切に立ち塞がったのは、同じく仙薬を求める死罪人たち。そして、島に潜む未知の生物、人工的で不気味な石像、島を統べる仙人たち……

謎多き島で、果たして画眉丸は仙薬を見つけ出し、生きて帰ることが出来るのか——!?

出典:https://www.jigokuraku.com/story/より


1話の感想

地獄楽1話の感想
©賀来ゆうじ/集英社
©賀来ゆうじ/集英社・ツインエンジン・MAPPA


まず1話の正直な感想を言ってしまうと微妙でした。
以下微妙だと思った理由。

微妙だと思った理由
  • 1話の割にそこまで作画が良くない
  • OPもEDも特に印象に残らなかった
  • 割とグロくてダークな設定なのにキャラクターが可愛らしくて作画ものっぺりしてるのがミスマッチ
  • 処刑シーンが無駄に長く全然効いてないアピールしてる画眉丸がなろう系みたいだった
  • 画眉丸と佐切の絡みが浅く石隠れの里や画眉丸の妻の描写も平凡すぎて引き込まれなかった
  • 大して動きもせず最高に盛り上がる決めシーンが無かった


全てにおいて中途半端で尖った部分の無い平凡な1話だなと思ってしまいました。
ストーリーや設定もどこかで見た事あるような物ばかりで引き込まれず、アニメで改悪してるのかなと思い原作の1話を読んでみたらそのままでした。


管理人
管理人

本当に大人気だったのかこれ?




申し訳ないですが私は賀来ゆうじ先生をアヤシモンという即打ち切りになったつまらない漫画でしか知らないので、今回の1話を見て「地獄楽って過大評価なのでは?」と思ってしまいました。
少なくとも1話はアニメのクオリティも原作も微妙で期待ハズレ。

忍法で炎出した後の戦闘シーンをアニオリで追加してメチャクチャ動かせばもっと盛り上がったと思うんですがね。
2話以降で面白くなってほしいですが、今のところ切る可能性高いです。


チェンソーマンに続いてまた失敗したらMAPPAの信用もいよいよヤバそうですが果たしてどうなるか。

2話も微妙


また微妙だった2話の感想です。

関連商品

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    ちなみにこの漫画は最初くらいしか面白くないので
    現時点でそれなら切っても後悔しないと思います・・・w

  2. アバター 匿名 より:

    原作を読んだのがだいぶ前なんでよく覚えてないんですが、アニメは作画がきれいだけど山場がよく分からないのっぺりした1話だなと思いました
    チェンソーマンアニメ1話を観たときのような感想でした

  3. アバター 匿名 より:

    アニメ見てないけど個人的に面白くなったのは旅に出てから
    漫画は最初一回切って人気になってかもう一度読み始めた

  4. アバター 匿名 より:

    高橋李依のエチチくノ一が出たら教えてくれ

  5. アバター 匿名 より:

    正直ジャンプラ作品ってだけで少し色眼鏡入ってしまう
    あれって無料だから集客できてる所も結構あるでしょ
    金払ってまで読む価値ないなって作品めちゃくちゃあるし

  6. アバター 匿名 より:

    雰囲気や設定はいい感じなのに、全体的にチープ感が漂ってるのはキャラクター描写のせいですかね?
    もっとゴリゴリに尖らせたダークなものを期待していたので、小学生が考えたような嫁とのアレコレがちょっと肩透かしな1話でした。

  7. アバター 匿名 より:

    声優の声質や、セリフも原題風で改悪されてる気がした。
    原作だと主人公はもっとシブいセリフ回ししていた気がしたのだが。

  8. アバター 匿名 より:

    いや、オープニングは普通に良いだろw

  9. アバター 匿名 より:

    画面から伝わってくる感触というか肌触り、温度感がチェンソーマンと同じ

    原作は未読ですが、脚本がとことん駄目だなぁと感じた
    時代設定は江戸末期?なのに、なんでキャラクターが台詞で「ラッキー」とか横文字を頻繁に口にしてるんだよ…と要所で非常に萎える

    登場人物、須く軽い印象で、言動総てに説得力が伴わない
    何故、何のためにその行動を起こしているのか、理由付けが甘くて共感を呼ばない

    正直見続けるのが辛かったが、途中で新キャラクターの登場等で風向きが変わるのかも?と期待して我慢して見続けたが、最終的に三話の途中で視聴を断念
    ジャンプ系にしては駄作の範疇かと

スポンサーリンク