【紫咲シオンの面影】全員ホロライブ絵師のガワを用意して話題になったvtuber事務所「Varium」が2期生のオーディションを開始 | めぎしす!
このサイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

【紫咲シオンの面影】全員ホロライブ絵師のガワを用意して話題になったvtuber事務所「Varium」が2期生のオーディションを開始

スポンサーリンク
varium
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆関連記事

【潤羽るしあの面影】完全新規のvtuber事務所「Varium(ぶいありうむっ!)」の狛犬うめが初配信で同接2500越えを記録!【ホロライブ】

Variumとは


2022年10月24日に活動を開始したばかりのvtuber事務所で、1期生の5人全員のガワをホロライブ絵師が担当した事で話題になりました。
初配信は最高で同接2500を超える盛況っぷりで設立したばかりの事務所とは思えないぐらいバズっていました。

2期生



そんなVariumが2期生の公開オーディションを開始するそうです。
第1弾として公開されたvtuberの絵師は紫咲シオンを担当したTam-Uさん。

魔法使いっていう設定まで紫咲シオンと被ってますしフェネックは尾丸ポルカ要素だし、もろにホロライブを意識したキャラになってるなと思いました。
逆にこれで連想しない人はどれぐらい居るのだろうか?って感じ。

現状と感想


初っ端はホロライブ絵師を起用という話題性で新規箱としてはすごい数字が出てたものの、そこからは全然話題にもならず数字もあまり伸びないというのが現状のようです。

デビュー4か月にしては伸びてる方なんでしょうけど、それも殆どが初期ブーストなので現在進行形で興味を持ってる人はあまり居ないでしょう。
全員ホロライブ絵師っていうインパクトは1期生で既に使っちゃったので、何かプラスアルファの要素が無いと話題にもならない気がしました。

関連商品

スポンサーリンク
スポンサーリンク
vtuber絵師
↓↓↓ この記事をシェアする ↓↓↓
スポンサーリンク
めぎしす!

コメント

スポンサーリンク