最近はクソ漫画が豊作だ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【残念】おめがシスターズが実写路線について語る動画が言い訳っぽく聞こえてしまったという話

おめがシスターズの実写路線 vtuber
スポンサーリンク

実写について語る動画

前回の記事で語った通り私は元々おめシスがすごい好きで見てたんですが、急に顔だけバーチャルにした実写路線が合わなくなり殆ど見なくなっていました。
しかし、偶にどんな動画を出しているかチェックしていたら6月27日に実写路線について語る動画が投稿されていました。

実写路線になってから約3カ月が経過したので実写のメリット・デメリットについて語るという動画。
しかし、そもそも今までのおめシスがこういう経過報告する場合はまず最初に「今日から〇〇始めます!」って宣言してから始めてたんですが、どういうわけか実写路線に関しては特に何も言わずしれっと始まっています。

ここが私がモヤモヤしているポイントの1つです。
結局これに関しては説明されてなかったし今もモヤモヤしたまま。


実写のメリット

撮影や編集がバーチャルより楽とか、ボドゲや食べる系が見やすいとか、衣装や小物系が簡単に変えられるとか言ってたんですが「そりゃそうでしょ」って感じでした。

それを皆分かった上で敢えてバーチャルと実写を合体させてるから良かったのに・・・
分かり切ってた事だったので解説というより実写をやるための言い訳っぽく聞こえてしまいました。

また、vtuber業界の中で目新しさがあると言ってたんですけど顔だけvtuberって昔から居るんですよ。(こちらの動画は2019年の物)
まあ本人たちは分かってると思うんですが、これをまるで画期的な技術かのように持て囃すファンのコメントが正直キツイ。

スポンサーリンク

実写のデメリット

デメリットに関しても衣装が場所取るとか、どうしても違和感が残ってしまうとか当たり前の事でした。
言われずとも分かる。

今まで見て来たファンとしては、中の人が見える事でバーチャルとしてのぶっ飛んだキャラがキツく感じてしまうのもデメリットだと思いました。
例えるならアニメ見てる時にずっと声優さんの演技をワイプで映されてる感じ。

あと「抵抗ある人も居るって事は背負って生きていきます」と動画内でわざわざ言ってたので、やはり私以外にもこの実写路線に違和感を覚えている人は一定数居るんでしょう。

今後

今後も企画内容によって見やすい方を使っていくとの事でしたが、現在ほぼ実写動画になってるので今後も実写が多めだと思われる。

普通だったら「もう今後はおめシスは見ません」で終わりなんですけど、困った事に私が大好きなぽこピーと仲良しでよくコラボもしてるんですよ・・・
万が一顔だけバーチャル状態でぽこピーの所に出てきたら反転アンチになってしまいそうなので、それだけは自重してほしい。

人気商品

スポンサーリンク
vtuber
シェアする
menuguildsystemをフォローする
スポンサーリンク
めぎしす!

コメント

  1. 匿名 より:

    めちゃくちゃ好き嫌い分かれるよなぁ
    イロモノ枠でもなきゃ数字伸ばせないとか色々あるんだろうけど
    画質良くなったおかげでただのコスプレ感が強くなったのが余計ダメな気がする

  2. 匿名 より:

    vやる時点で実写系の動画や配信はできないってことがわかってたはずなのにな。最近はカメラで手元だけ映して福袋とか開封するvもいるけどなんのためにvになったのか全く理解できないですわ。

    • menuguildsystem より:

      私は最初からバーチャルと中の人を使い分けてるならそういうスタイルって事で全然OKなんですが、おめシスは今まで徹底的に中の人を隠してきただけに違和感がすごかったです

  3. 匿名 より:

    自分は首から下が実写になってもあまり気にしていませんでしたが、この記事を読んでおめシスに2次元キャラとしてのビジュアルにそこまで魅力を感じてなかったからだと気付きました。

    確かに見た目が好みのVtuberの首から下が実写になったら泣いちゃうかもしれない…

スポンサーリンク