スポンサーリンク

【意外な最終回】波よ聞いてくれ 12話を見た感想

最終回のミナレ アニメ
スポンサーリンク

地震

波よ聞いてくれの地震速報
©沙村広明・講談社/藻岩山ラジオ編成局

最終回は視聴者参加型のラジオをやっている途中で大型地震が発生するという意外な展開でした。
2018年の北海道胆振東部地震をそのまま描いていたみたいです。
どうやらアニオリだったみたいですが、綺麗にまとまっていました。

メモを見せる麻藤
©沙村広明・講談社/藻岩山ラジオ編成局

地震が発生した時の緊張感やラジオスタッフの迅速な対応など、リアルな感じが伝わってきて非常に良かったですし、これを経験した事でラジオのすごさを知りミナレがラジオDJとしてやっていく決心をするという流れも自然でした。

公園のベンチに座る中原とマキエ
©沙村広明・講談社/藻岩山ラジオ編成局

ボイジャーで炊き出しをするため中原と頑張るマキエや、その姿を見て安心するマキエ兄なども落としどころとして良かった。
災害時は人間の本性が出るだけに、その姿を見て安心する展開にも説得力が出ます。

シセル光明とは?

シセル光明
©沙村広明・講談社/藻岩山ラジオ編成局

良い最終回だったんですが、結局シセル光明が何者かという部分はぼんやりしたまま終わってしまったのが唯一の心残り。
今までの描写からいくらでも考察は出来るものの、個人的にはすごく気になっていたのではっきり描写してほしかった。

個人的にはすごく好きですが、大衆受けする作品ではありませんし円盤やグッズもあまり売れないでしょうから2期は絶望的な気がします・・・
シセル光明について知りたかったら素直に原作買えって事でしょうかね。

作品の総括

まず全12話を通して見た感想は”面白かった
一部スベってると思った所はあったものの、随所に散りばめられた小ネタやエグめの下ネタなど普通のギャグアニメとは一味違う作品でした。

ただ、何回も言ってきた通り初見バイバイの1話クマ回と謎の目の影だけは未だに許していません。
ただでさえ人気が出づらいジャンルなのに冒険しすぎ。
インパクトを重視するあまり視聴者が付いていけなかった感じがしました。
もっとも、この2つが無かったらもっと話題になっていたかと聞かれると微妙なところですが。

管理人
管理人

望み薄ですが何時か2期が放送されるならシセル光明の話を見てみたいです。


クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 アニメブログへ

関連商品

コメント