スポンサーリンク

【呪術廻戦 虎杖は本当に腸相の弟!?】少年ジャンプ2021年3・4合併号を読んだ感想

少年ジャンプ2021年3・4合併号 漫画
スポンサーリンク

呪術廻戦 133話

出典:呪術廻戦 133話 ジャンプ2021年3・4合併号より

夏油が虎杖の前に現れたので相手をしていた冥冥は死んだと思われていましたが、なんと憂憂の術式でクアラルンプールに逃げていました。
詳しくは分かりませんが、一瞬で別の国まで逃げられるとかとんでもないチート術式ですね。
移動だけでいうなら五条先生すら超えています。

そして、負けそうになったら素直に逃げるのも冥冥らしい。
日本はもう終わり」といった内容の事を言ってますし、冥冥はこのまま高みの見物なのかもしれません。

出典:呪術廻戦 133話 ジャンプ2021年3・4合併号より

夏油は虎杖をあしらい、真人もあっさりと取り込まれてしまいました。
真人はもう少し苦しんで死ぬと思ってたので、案外あっさりした最後で少しびっくりでした。

ちなみに最後の「知ってたさ だって俺は人間から生まれたんだから」という台詞は唐突だったので分かりづらかったですが、夏油が最初から真人を取り込もうとしてた事を知ってたという意味なんだと思います。

最低のキャラでしたが、最後の捨て台詞は真人らしくて良かったです。

出典:呪術廻戦 133話 ジャンプ2021年3・4合併号より

そして、今週1番気になったのが夏油のこの台詞。
この言い方だと、まるで夏油が虎杖を作ったかのようにも聞こえます。

でも、もし虎杖が夏油の作った呪骸とかなら今までの虎杖に対する違和感が全部説明出来てしまうんですよねえ・・・

出典:呪術廻戦 133話 ジャンプ2021年3・4合併号より

もしそうなった場合、腸相は本当に虎杖の兄みたいなポジションでもおかしくはないので、ミスリードだと思ってた東堂の”存在しない記憶”が実は本当で、腸相の”存在しない記憶”がミスリードだったという事になります。

でも、虎杖が人間じゃないなら五条先生がすぐに気づきそうなもんですが・・・如何せん今は五条先生が居ないので何とも言えません。
虎杖については二転三転してて未だに分からない事だらけですけど、来週夏油が説明してくれるのだろうか?

僕のヒーローアカデミア 295話

出典:僕のヒーローアカデミア295話 ジャンプ2021年3・4合併号より

デクに新たに4代目の「危機感知」の個性が発現しました。
また曖昧な個性ですけど、これもワンフォーオールで強化されているなら実質「予知」みたいな事が出来るのかもしれません。

出典:僕のヒーローアカデミア295話 ジャンプ2021年3・4合併号より

スピナーがスーツの中に入ってた父親の手を顔に付け、憎しみで復活した死柄木の中のオールフォーワン。
個性「電波」を使い周りの脳無を操ってあっさりと逃げてしまいました。

コンプレス、マキア、トガは置き去りです。
マキアはともかく、トガも置き去りにされるのは意外でした。
トガが今後の展開にどう活かされるのか注目です。

出典:僕のヒーローアカデミア295話 ジャンプ2021年3・4合併号より

最後に、許せないという前置きはあったものの死柄木すら助けるフラグを立ててしまうデク。
ここまでやっておいてすんなり改心はありえないでしょうが、このフラグを立てた以上何かしらの救いはあるんでしょうかね?

長かった超常解放戦線との戦いもようやく今週で一区切りつきそうです。
もはやアカデミアの話できんのか?ってぐらいにヒーロー達がボロボロですが、来年はどんな展開になるんでしょうね?

関連商品

コメント