スポンサーリンク

【約束のネバーランド 最終話】少年ジャンプ2020年28号を読んだ感想

少年ジャンプ2020年28号 漫画
スポンサーリンク

約束のネバーランド 最終話

エマを探す食用児たち
出典:約束のネバーランド最終話 ジャンプ2020年28号より

食用児たちが記憶を奪われたエマを探すところから始まるわけですが、いきなり2年が経過します。
最後の最後に一気に時間が経過するとどうも打ち切り臭がしますし、そもそも2年経過させる必要もよく分かりませんでした。

出典:約束のネバーランド最終話 ジャンプ2020年28号より

そして最後は記憶を取り戻すわけでも無く、そのまま一緒に生きようエンド。
もうかぞくにあえない」とか「このさきのつながりももらう」とか言われてた割にあっさりと再会してるけど、記憶だけは戻らないという中途半端なモヤモヤする終わり方でした。

よく「ネバーランドは最初の脱走編だけの漫画」とか言われてますが、私は狩庭編あたりまでは素直に面白かったと思います。
ただ、ノーマンと合流してからは魅力がなくなり終盤に至ってはグダグダだった印象。

こういう世界に抗う系の作品って大きい組織に所属した途端緊張感と魅力半減するのが宿命なので仕方ないんですけどね。

あやかしトライアングル 1話

出典:あやかしトライアングル1話 ジャンプ2020年28号より

『ToLOVEる』などでお馴染みの矢吹健太郎さんの最新作が今秋から始まりました。
事前に発表されてた内容だと妖怪ファンタジーのバトル漫画だったんですが、1話から猫の妖怪に主人公が性転換させられるという飛ばした内容でした。

管理人
管理人

さすがは矢吹神ですね・・・


当たり前だけど絵は滅茶苦茶上手いし、コマ割りやフキダシの配置などとにかく読みやすいので先が期待できる1話でした。
あとは少年ジャンプでどこまで攻めた内容に出来るかが問題ですが、ギリギリのラインで攻めるのは矢吹神の得意技なので心配いらないでしょう。

僕のヒーローアカデミア 275話

出典:僕のヒーローアカデミア275話 ジャンプ2020年28号より

今週はデクと爆豪が死柄木と遭遇しましたが、グラントリノによって即離脱させられました。
まあ現時点では絶対に勝ち目は無かったので妥当な展開ですが、2人でかっこよく飛び出したのにデクと爆豪がノープランだったのは少々残念でした。

出典:僕のヒーローアカデミア275話 ジャンプ2020年28号より

会っただけで自分たちが殺されてる所を想像してましたからね。
グラントリノが来てなかったら即死っぽかったので何か秘策は持っててほしかった。

そして残ったヒーローたちで死柄木を倒すわけですけど、とりあえず相澤先生の抹消は効くみたいです。
まあこれが効かないと崩壊で全員即死なので仕方ないんですが。

出典:僕のヒーローアカデミア275話 ジャンプ2020年28号より

最後はUSJ編と同じセリフで終了。
死柄木がポケットに手を突っ込んでるのはおそらく前回回収した個性消失弾だと思われるので、相澤先生ピンチ!

さあ来週はどうなる!」という所で何と悲しみの次号休載;;
最近のヒロアカは本当に面白いので残念です。

チェンソーマン 73話

出典:チェンソーマン73話 ジャンプ2020年28号より

デンジとパワーを死なせないために銃の悪魔討伐に参加しない事を決めた早パイでしたが、マキマさんの権限によりデンジとパワーは強制参加。
2人だけを参加させるのは不安なので結局早パイもそれに釣られる形で参加する事になってしまいます。

マキマさんが出てきた瞬間に何となく予想出来てたけど辛い展開です。
あとすっかりマキマさんがこのマンガの不吉の象徴みたいになってる。
やっぱりラスボスはこの人なんでしょうかね?

出典:チェンソーマン73話 ジャンプ2020年28号より

そしてしれっと衝撃の事実が明かされます。
銃の悪魔は発見された時既に誰かに討伐されていて、その肉片はそれぞれの国が少しずつ所有し核兵器のように抑止力として使っているそうです。
今まで出てきた銃は銃の悪魔と契約したという体で、実際は密造した物を各国が売りさばいていたようです。

闇の悪魔が出てきた時点で銃の悪魔の格が下がったのであっさり処理されるのかと思ってましたが、既に誰かにやられた後だったとは。
これでまた先の展開が読めなくなってきました。

出典:チェンソーマン73話 ジャンプ2020年28号より

そこで更に追い打ちをかけるように未来の悪魔が告げる最悪の未来。
早パイとパワーはデンジに殺されその後悪魔に最も恐れられる悪魔が現れる

管理人
管理人

もう頭が追い付かねえ・・・

こんなに先が気になる漫画は久々です。

タイムパラドクスゴーストライター 5話

出典:タイムパラドクスゴーストライター5話 ジャンプ2020年28号より

先週納得いかなかった原稿をビリビリに破り追い詰められた佐々木は、遂に10年後のジャンプをコピーしてトレースし始めます。
見ながら模写するぐらいだったら初めからそうすれば良いのに、グダグダと言い訳して何がしたいんですかねこいつは?

しかし、結局トレースしても魂がこもっていない偽物という事でやり直しとなります。

管理人
管理人

盗作なんだからどう足掻いても魂はこもらないんだよなあ

出典:タイムパラドクスゴーストライター5話 ジャンプ2020年28号より

その後みじめにアイノイツキにアドバイスを求めるも、「佐々木先生のホワイトナイトなので私の中に答えは無い」と返された佐々木の反応がこちら。

管理人
管理人

割り切れないも何もずっとお前の物じゃないんだよなあ


未だにこのサイコパスが熱血主人公として描かれてますし、罰を受けるどころか成功していく展開にしか見えないので今までの展開は炎上商法では無く天然でやってる可能性が高くなってきました。

出典:タイムパラドクスゴーストライター5話 ジャンプ2020年28号より

結局佐々木が覚醒してるような話になっちゃってるし、クズとして開き直りアイノイツキが主人公になるというどんでん返しは無さそうです。

呪術廻戦 110話

出典:呪術廻戦110話ジャンプ2020年28号より

今週は乱入してきた伏黒パパがひたすらタコをボコるだけの回でした。
案の定游雲は真希から奪い取られ、殺戮人形と化した伏黒パパは伏黒ともじいさんとも会話はありませんでした。

あと游雲は特急呪具の中で唯一術式効果が付与されておらず、力が強ければ強いほど威力が上がるというゴリラ武器でした。
そりゃ伏黒パパが使えば強い筈だ。

アクタージュ 116話

出典:アクタージュ116話 ジャンプ2020年28号より

今週も夜凪が無双して新しく登場したキャラ達は全員落とされてしまいました。
何時もやってる事なんですけど、さすがに新キャラが手ごたえ無さすぎましたし”夜凪sugee“をやりすぎで鼻に付いたのでちょっとつまんなかったです。

出典:アクタージュ116話 ジャンプ2020年28号より

環蓮が夜凪を煽ってましたけど、正直このおばさんはどう足掻いてもライバルにはなり得ないので今一つ盛り上がらない。

こりゃしばらくアンケは下位が続きそうです。


クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 アニメブログへ

関連商品

コメント

  1. アバター らみなや より:

    タイムパラドクスゴーストライター
    最近ネットで話題になった漫画で『連ちゃんパパ』ってのがありましたが
    あれも読んだ人のほぼ全てが胸糞悪くなる主人公の漫画でしたが、この漫画や作者を叩く人はほぼ皆無でした
    何故なら読者にはこの作者は『ちゃんとわかってこの漫画を描いている』と言う信頼感があるからです
    逆を言えば信頼感がないと『この作者、本当にこの主人公の事を熱血主人公として描いている?読者の視点が見えていない?』という疑心が先行して漫画の鑑賞の妨げになります
    作者がまずしなければならないのは読者が自分の漫画を安心して読める土台作りなんでしょうが、仮にこの主人公にまだ何か裏設定などがあってどんでん返しがあったとしても、今のままだと『俺のラーメンの味が解る奴だけ付いて来ればいい、脱落者は知らん』と言う、意識高い系ラーメン屋みたいになってしまいます

    • menuguildsystem menuguildsystem より:

      狙ってクズ主人公を書いてるんじゃないかとも思ってましたが、今回の話を見て天然だと思いました。
      一条楽を超えるサイコパスです。