スラダン映画の事前PRの下手さは語り継がれるレベル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【難病】声優の楠木ともりさんがエーラス・ダンロス症候群によりラブライブの優木せつ菜・中川菜々役を降板【声優業は継続か】

スポンサーリンク
CV降板が発表された優木 せつ菜
スポンサーリンク

降板


11月1日に突然ラブライブシリーズの公式twitterから「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」 優木せつ菜・中川菜々役の楠木ともりさんが降板するという情報が発表されました。

いつも楠木ともりにご声援を賜り、誠にありがとうございます。

2021年9月3日に発表をさせていただきました楠木ともりの身体の状態に関しまして、現状をご報告いたします。

2017年のデビュー以来、様々な活動を重ねてまいりましたが、2021年春頃より身体に痛み・痺れを伴う症状が生じたため、医師の診察を受けるに至りました。
その際、医師からは、生来の体質により大きな動きを伴う運動を行うと疼痛の生じやすい状態にあるとの診断を受けており、以降、自身の活動、及び、参加するすべてのコンテンツでの稼働におきまして、大きな動きを必要とするダンス等、身体的負荷が生じると思われる動作に関しましては差し控えさせていただいておりました。

その後、通院を重ね、検診を進めた結果、2022年9月、遺伝性疾患「エーラス・ダンロス症候群(関節型)」との診断を受けるに至りました。
上記に伴い、医師からは現状、快方の見込みは低く、身体的負荷によっては進行も起こりうる疾患であるため、引き続き、身体に過度に負荷のかかる運動は控えること、とのお話をいただいております。

弊社といたしましては、今後も自身の活動、及び、参加するすべてのコンテンツでの稼働において、診断に基づいた対応を施し、楠木ともりの健康管理に努めてまいります。
応援してくださる皆さま、並びに関係各位にはご心配とご迷惑をおかけいたしますが、何卒、ご理解を賜り、温かくお見守りいただけますと幸いです。
今後とも、楠木ともりに温かいご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

https://www.kusunokitomori.com/info/archive/?id=546582


オフィシャルウェブサイトによると以前から身体に痛みや痺れを伴う症状が生じており、検診を進めた結果遺伝性疾患である「エーラス・ダンロス症候群(関節型)」という診断を受けたそうです。
この病気は未だに治療法が確立していない難病で平均寿命は48歳との事。

その結果、ダンスなどの身体に過度に負荷のかかる運動がNGになったためライブ活動の多いラブライブの役を降板する決断をしたそうです。
おそらく声優業自体は継続すると思われます。

スポンサーリンク

感想

最近だとよくチェンソーマンのマキマ役として名前を聞いてたので、ググってみたら予想以上の難病でショックでした。
快方の見込みは低いとの事ですが、なるべく病状が悪化しない事を祈っています。

関連商品

コメント

  1. 匿名 より:

    平均寿命が40代なのは血管型で
    楠木ともりさんの患った間接型の寿命は平均的なようですね

  2. 匿名 より:

    エーラス・ダンロスなんて、どっかのVtuberみたいな名前で、記事のタイトルを見た時はネタ話か何かなのかと思いましたが、まさか深刻な内容だったとは。今後の医療の発展で、治せる病になると良いですね。

スポンサーリンク