スポンサーリンク

【143Pの大ボリューム!】藤本タツキ先生の読み切り「ルックバック」を読んだ感想【京アニ事件】

タツキ先生の読み切り ルックバック 漫画


7月19日にチェンソーマンで人気の藤本タツキ先生がジャンプ+に143Pの読み切りを掲載。
内容はちょっと重かったですが、非常に面白い作品です。

あらすじ

主人公は漫画を描くのが好きな藤野と、不登校児の京本。
藤野が描いていた学年新聞の4コマ漫画を通じて2人は知りあい、そこから2人は一緒に漫画を描くようになります

やがて2人は週刊誌で連載する事になりますが、もっと絵が上手くなりたい京本は美大に行く事を決意し、藤野とは離れ離れになって・・・

漫画を描く2人の女性の夢や葛藤を描いた内容になっています。

描写

ルックバックの台詞無しコマ
出典:ルックバック 少年ジャンプ+より

143Pの大ボリュームではありますが、台詞が一切無いコマが多いので結構スラスラ読めます。
かといって、決して情報が少ないわけではなく台詞の無いコマから色々な情景が読み取れる描写がされています。

過去の作品もそうでしたが、やはりタツキ先生は台詞の無いコマで”語る”のがバツグンに上手いですね!
モノローグとか無くてもそのキャラが何を考えているのかがハッキリと伝わってきます。

雨の中を嬉しそうに歩く藤野
出典:ルックバック 少年ジャンプ+より

上の見開きは京本に自分の漫画を褒められた後、雨の中自宅へ帰る藤野の様子なのですが、もう嬉しくてたまらないという感じがこれでもかというぐらいに伝わってきます。
また、その後服も着替えずびしょびしょのまま自分の部屋で漫画を描いている様子も最高!

本当に漫画なんだけど映画を見てるような気分になりました。

藤野+京本=藤本

藤野の”藤”と京本の”本”を足すと藤本になります。
漫画を描いている2人の夢や葛藤をリアルに描いていて、漫画を描き続けたい自分と絵をもっと勉強したいという自分を描いた、タツキ先生の自伝みたいな面もある作品だと受け取りました。

京アニ事件

京本は通り魔に襲われて死んでしまうのですが、その犯人が「オレのをパクったんだろ!?」と言っていたり、””本という名前だったり、公開日が京アニ事件が起きた翌日の7月19日だったりで、あの事件をかなり意識してるんだと思われます。

ルックバック Don't
出典:ルックバック 少年ジャンプ+より
ルックバック in anger
出典:ルックバック 少年ジャンプ+より

また、1コマ目の右上の”Don’t”と最後のコマの左下の”In Anger”でルックバックという作品を挟んでいて”Don’t Look Back In Anger“というメッセージが読み取れます。

Don’t Look Back In Angerはoasisというバンドが歌っている曲のタイトルなのですが、この曲はイギリス・マンチェスターのテロ事件の追悼集会などで歌われていました。
直訳すると「怒りに身を任せて振り返らないで」となります。

これがタツキ先生の京アニ事件に対する考えなんじゃないかと思います。
この考えに対しての意見は色々あるかもしれませんが、とりあえず作品で語る姿勢は漫画家として素晴らしいなと思いました。

まとめ

とてもメッセージ性が強い作品ですが、キャラの台詞ではなく絵で語りかけるような内容になっていました。
ルックバックのバックが”過去”だったり”背中”だったり”背景”だったり、様々な意味で使われているのも上手くて、やっぱりタツキ先生すごいなと改めて思いました。

この殆ど単行本1冊ぐらいの内容がなんと無料で読めるので、皆さんぜひ読んでみてください。

関連商品

コメント

  1. 匿名 より:

    美しい作品

  2. 名無し より:

    読んだけど、何がしたいと言う疑問しかなく。
    自分があの場にいればと言う安易な想像を織り交ぜて、なんともエゴが強い漫画。
    絵は上手いが内容やメッセージに欠ける漫画。
    下手な風刺画を見てる気分。